04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-18 (Tue)
フクロウ「里親」はおばあちゃん ヒナ育て放鳥20年
http://www.asahi.com/national/update/0514/OSK201005140153.html

フクロウ「里親」はおばあちゃん
動画はこちら

 毎年屋根裏で生まれるフクロウのヒナを大きくなるまで育て、山に返し続けている広島県神石高原町の見永(みなが)豊子さん(79)の“子育て”が、今年で20年目を迎える。今年も、育てていた1羽のヒナが無事、山に帰っていった。

 野生のフクロウが見永さん宅の屋根裏で初めて産卵したのが1991年。毎年4月中旬から下旬ごろ、1?4羽の、よちよち歩きのヒナが誤って巣から住居部分に下りてくるようになった。すると親鳥は近づかなくなるため、見永さんが親代わりになって鶏肉などで育てる。2週間ほどして室内を飛ぶようになると、毎年、近くの山に放してきた。

 親のフクロウの産卵は毎年続き、これまでに見永さんが育てたヒナは51羽。広島市の安佐動物公園によると「20年続いていることから親は代替わりしているはず。フクロウにとってよほど居心地がいい最適な場所なのだろう」。見永さんは「フクロウのおかげで今でも元気でいられてます。ありがたいありがたい」と話していた。(引用元に動画あり 2010年5月16日 朝日新聞
スポンサーサイト
| 猛禽 | COM(2) | TB(1) |
2010-04-29 (Thu)


カナダのオンタリオ、Mississaugaのとある家の裏庭にいるリス
家の住人からもらったピーナッツをこれでもかと口に入れています
ちょっとよくばりすぎるかも・・・?
この写真はその家主の息子、Christian Stepienさんが撮影しました
28 April 2010 テレグラフ
| げっ歯類 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-27 (Tue)
死んだ仲間を守るリス

死んだ仲間を食べられないように、
カラスに立ち向かうリスの動画が話題になっています

4月19日にアップされたそれは、すでに再生回数60万回を超えています




Don't even think about it! The fearless squirrel who fights off crows determined to eat his dead friend
| 二種類以上 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-26 (Mon)
世界一小さい子馬

世界一小さい子馬2

米国ニューハンプシャー州Barnsteadで金曜日に生まれた子馬
高さ14インチ、重さ6ポンド
生まれたばかりのものとしては、世界一小さい馬です
しかも、病気で小さいわけではないというのだから驚きです
26th April 2010 デイリーメール

世界一小さい子馬3
| 奇蹄目 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-25 (Sun)
白いカモシカ、高山市の山に出現
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20100423/201004230847_10523.shtml

白いカモシカ

 高山市の山間部で、全身の体毛が真っ白の珍しいニホンカモシカが発見された。

 発見したのは山岳ガイド小椋美知男さん(60)=同市丹生川町大萱=。今月14日午前中、白いカモシカが山の斜面に姿を現し草を食べていたという。小椋さんとの距離は約20メートル。「誰かがヤギを放したのかと思った。白いカモシカが存在するなんて飛騨地方でも聞いたことがない」と小椋さん。

 ニホンカモシカ(国特別天然記念物)に詳しい自然環境研究センター第一研究部(東京都)の黒崎敏文部長は「一般的にカモシカの体毛は灰色か茶色で、東北地方など積雪がある地域では一部が白い個体もある。写真で見る限り、目が黒いのでアルビノ個体ではないだろう。ここまで異様に白いのは見たことがない」と驚いている。(2010年04月23日 岐阜新聞
| アルビノ・突然変異・病気 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。