08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-13 (Tue)


空中で魚を奪い合う二羽のキョクアジサシ
この激しい攻防は一分ほど続いたそうです
Lee Davisさんが英国最北端Northumberlandのファーン諸島で撮影しました
12 April 2010 テレグラフ



フラミンゴの「ハート」型は求愛の印、埼玉
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2718003/5597775

フラミンゴの「ハート」型は求愛の印、埼玉

4月12日 AFP】埼玉県東松山市にある埼玉県こども動物自然公園(Saitama Children's Zoo)で11日、首を曲げたり伸ばしたりして求愛ダンスをするベニイロフラミンゴの姿が見られた。2羽の首は「ハート」型を作っているようにも見えた。(c)AFP
| ペンギン・海鳥 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-12 (Mon)
いつ行っても猫に襲われるから……郵便配達業務を一時停止
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1270863800104.html

19-year-old pet Tiger

19-year-old pet Tiger2

[ロンドン 9日 AP] 英国で郵便業務を行うロイヤルメール社は金曜日、「猫が襲ってくるから」との理由で、ある女性宅への郵便配達を一時停止したことを発表した。問題となっているのはファースリー市在住の女性(43)が飼育している「タイガー」と名付けられた猫だが、同社によると、これまでに何度も配達員が襲われてケガを負っているという。

一方、女性は「タイガーがそんなことをするなんて……」と信じられない様子。さらに地元紙に対し、「タイガーは19歳です。襲いかかるパワーも無いと思いますし、一日のほとんどを寝て過ごしています」と話している。

2010年4月10日 エキサイトニュース

Beware the... pussycat! Postmen boycott house because they are scared of 19-year-old pet 'Tiger'



たま駅長、バス事業に進出…「にゃあ」と満足げ

にゃんにゃんハウス誕生/白鳥どうぶつ園
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
[タグ] 自然 バトル
2010-04-02 (Fri)
スカンクとウサギ

オランダ、Veluwezoom National Parkで、
スカンクに忍び寄られているうさぎ
このままだと、捕まって食べられてしまいますが・・・




スカンクとウサギ2

すんでのところで、ジャンプ! 逃げることができました
復活祭が近いですし、神の御加護があったのかもしれませんね
1 April 2010 テレグラフ
| 二種類以上 | COM(0) | TB(0) |
2010-03-29 (Mon)
パトカーのバンパー食いちぎった米ペット犬、「保護観察処分」に
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2714407/5551371

パトカーに猛アタックした犬

3月29日 AFP】米テネシー(Tennessee)州チャタヌーガ(Chattannooga)でこのほど、警察車両のバンパーを食いちぎり、3台の車のタイヤをかんでパンクさせて「逮捕」されたペット犬が、6か月の保護観察処分を受けた。地元紙チャタヌーガ・タイムズ・フリープレス(Chattanooga Times Free Press)が26日、報じた。

 この犬は、オスのブルテリアの雑種、ウィンストン(Winston)。今月14日、パトカーを含めて車両4台を攻撃したほか、フェンス2か所を食い破った。飼い主のナンシー・エマーリング(Nancy Emerling)さんは、ウィンストンは普段はおとなしい犬で、事件当日に限ってなぜ凶暴化したのかわからないと話している。

 警察の監視カメラの映像によると、ウィンストンは市内の道路脇で、パトカーのバンパーにかみついて離さず、しっぽを振りながら強く引っ張り続けて、ついにバンパーを完全に食いちぎってしまった。その後、傍らで加勢するかのようにほえていた茶色と黒の犬2匹とともに、走り出したパトカーを追いかけた。

 警察官らは唐辛子スプレーやテーザー銃でウィンストンを「制圧」しようとしたが、失敗。結局、動物管理局員が出動し、捕獲棒を使ってようやくウィンストンの「身柄」を「確保」した。

 エマーリングさんは、警察官がウィンストンを撃ち殺さなかったことに本当に感謝しているとチャタヌーガ・タイムズに語った。「驚くべき忍耐が必要だったはず。警察官らはこれ以上ないほど、最良の行動を取ってくれた」

 ウィンストンは、チャタヌーガ市の動物保護施設に2週間「拘置」されたが、「模範囚」と認められたため、「釈放」された。保護観察処分を下した裁判官によると、今後6か月間にわたって服従訓練を続け、2度と暴力行為に及ばなければ、ウィンストンに付いた「危険性をもった犬」の汚名は撤回されるという。(c)AFP


(´-`).。oO(動画がヤバイ・・・)





(´-`).。oO(なんでここまでパトカーを攻撃したんだろう・・・)
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-03-21 (Sun)
雪の中でキャッキャウフフする日本猿の魅力
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1258513/Fluffy-Japanese-monkeys-ball-play-snow.html

Japanese macaques monkey around in the mountain snow

Japanese macaques monkey around in the mountain snow2

徳島出身の土木技師にしてアマチュアカメラマン、
モチダマサシさんが撮影した雪の中で遊ぶニホンザルたち
とてもかわいらしい、ファンタスティックな写真ですよね
モチダさんも、これってファンキーモンキーですよね!っと言ってます
さらに彼は、

「普通サルって暖かいところにいるものですが、
ニホンザルだけは寒いところに生息することで有名です
日本人はみんなニホンザルが好きですよ
見ていると、童心に帰りますしね 表情豊かですし
きっと彼らも本気で雪合戦してるんでしょう」

と言いました

そんなモチダ氏の、サル撮影スポットは
長野県の地獄谷野猿公苑などだそうです
18th March 2010 デイリーメール

snow-monkey-snowba_1597603i.jpg

snow-monkey-jump_1597600i.jpg

16 March 2010 テレグラフ


(´-`).。oO(モチダさんサイト持ってないのかな、検索しても何も出てこない・・・)
| サル | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。