08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-10 (Sat)
病気でも職務を全うした盲導犬、約200キロの出先から帰宅直後に死ぬ
http://www.narinari.com/Nd/20100413368.html

病気でも職務を全うした盲導犬

視力を失った人の先に立ち、安全に誘導してくれる盲導犬。自らの欲求や自由を制御し、常に主人の安全を最優先に行動できるのは、厳しい訓練の賜物にほかならない。主人もそんな盲導犬には厚い信頼を寄せ、目の代わりという機能的な意味以上に、かけがえのない存在になっていることだろう。先日、視覚障害を持つ英国の男性は、7年間連れ添った盲導犬に導かれ、仕事先から自宅まで約200キロの道のりを移動した。しかし帰宅直後、「職務完了」と男性がハーネスを外すと、犬はその場に倒れ、息を引き取ったという。(以下は引用元で 2010/04/08 ナリナリドットコム

Loyal guide dog gets owner home from 120-mile journey before collapsing and dying




イヌアレルギーが犬の毛から作った薬で治った!
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1263656/The-real-hair-dog-Boy-cured-pet-allergy-taking-medicine-animal-hair.html

Boy cured of pet allergy

Danny Pearce君(11さい)はかつて重度のイヌアレルギーでした
両親が初めて家に子犬を連れてきたとき、それが判明しました
彼はそのときひどいアレルギー症状に悩まされました
そのせいで一家は犬を飼うことができなくなってしまいました

しかし、医師が実験的に犬の毛から作った薬で治療を試みたところ
やがて二年で彼のイヌアレルギーは治ってしまったのです

Danny君は今、隣の家の犬を散歩に連れていくという
ずっと憧れていたことができるようになったそうです
5th April 2010 デイリーメール


>> 続きを読む
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-04-10 (Sat)
ねこのたまたま!



ねこのたまたま! (2)



ねこのたまたま! (3)
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-04-08 (Thu)
The owl who is afraid of HEIGHTS

フクロウのTroyちゃん(1歳)は高所恐怖症です
5フィート10インチ以上の高さが苦手なのです

彼は雛のとき巣から落ちたところをGareth Tonenさんに拾われ育てられました
Tonenさんの身長は5フィート10インチです、偶然でしょうか

Tonenさんが木によじ登ると、
なんとかついていくことができるくらいだそうです

専門家Ashley Smith氏は、Troyちゃんが人に育てられたため
自分が鳥であることを忘れているのではないかといいました

なんでも、TroyちゃんはTonenさんが抱えあげるとき以外は
檻の中で育っていたため、自分を人間に近いものと思っているのではないかとか
そして、自然のフクロウのように木にとまることも狩りをすることも知らないので
Tonenさんがそれを教えなければならない、Tonenさん自身がフクロウになりきって
と、言いました

そこで木登りがTonenさんの日課になりました
毎日木に固定させた梯子を登り、上からTroyちゃんを呼ぶのです
あまりうまくいってないそうですが

また、食事も、ネズミやウサギなどを与えられているそうです
臆病なTroyちゃんの好物はチキンだそうですが・・・

Tonenさんはこう言います

「Troyはやっぱり自分を人間だと思っていると思います。私を父親か母親と思っているようです。でも、我々はそこに、空にいつか辿り着くでしょう。彼も自信が付いてきました。私も彼のために木に登り続けるつもりです」と。
07th April 2010 デイリーメール

リハビリ中、Tonenさんを見つめるTroyちゃん
その目は助けてくれと訴えている
The owl who is afraid of HEIGHTS2



Tonenさんが木の上から呼びかけてもTroyちゃんは聞こえないふり?
The owl who is afraid of HEIGHTS3
| 猛禽 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-07 (Wed)
Robot jockeys ride camels

Robot jockeys ride camels2

エジプトで開催されるラクダレース その背中に乗っているのはなんとロボット
これは子供をジョッキーに使う従来までのやり方が国際的に批判されてきたことを受け、
2001年後半に開発をスタート、2004年に導入されたものだそうです
31st March, 2010 Share| メトロ


(´-`).。oO(これ最初四月バカネタかと思ったら、記事の日付が3月31日だった・・・)
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |
2010-04-05 (Mon)
世界一大きいうさぎ ダライアス君

世界一大きいうさぎ ダライアス君2

人間の平均的な五歳児より体重があるという世界最大のウサギ、Darius君 確かにでかい!
しかもまだ生後一年ほどで、これからも成長する可能性があるそうです

彼は一日に12本のニンジン、6個のリンゴと、2個のキャベツを食べるそうで
地元、Worcesterの八百屋さんはうれしい悲鳴を上げているかもしれません

飼い主のAnnette Edwardsさんは、彼のことを

「彼はとても穏やかで、もしかしたらこういう気質が彼をここまでビッグにしたのかもしれません。でも、彼はよく動くんですよ。よく食べてよく運動するという感じで、とても健康的です。それに、ご覧の通り、彼ってばとてもハンサムでしょ。目だってこんなにキラキラしてます。もしかしてこのまま成長が止まらないんじゃないかってのが、ちょっと不安だけれども、それから・・(中略)よく人に聞かれるんだけど、ペットを大きく育てるコツなんかないわよ、やっぱり大事なのは愛を持って扱うことよね」

と、いろいろ語りました。
彼女は先代の「世界最大のウサギ」アリスちゃんの飼い主でもありました。

現在のDarius君の記録はまだギネスに申請されたばかりで、認定はされていません
近年のギネスの方針によると、ペットの重さの記録は、
ペットの虐待につながるので受け付けていないそうです
Darius君の記録もその体の長さで申請されています
05th April 2010 デイリーメール




ベラルーシで川氾らん、ウサギも一緒に避難

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2714085/5545280

ウサギも一緒に避難

3月28日 AFP】ベラルーシで27日、Nyoman川が氾らんし、住宅約150戸が浸水した。(c)AFP
| げっ歯類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。