07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
[タグ] かわいい
2010-04-28 (Wed)
こいぬがかわいくてキュン (2)


こいぬがかわいくてキュン


こいぬがかわいくてキュン (3)


こいぬがかわいくてキュン (4)
スポンサーサイト
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-04-24 (Sat)
そんな顔で見ないで・・・
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-04-10 (Sat)
クリックで拡大
バイクだわんわん 風になれ
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-04-10 (Sat)
病気でも職務を全うした盲導犬、約200キロの出先から帰宅直後に死ぬ
http://www.narinari.com/Nd/20100413368.html

病気でも職務を全うした盲導犬

視力を失った人の先に立ち、安全に誘導してくれる盲導犬。自らの欲求や自由を制御し、常に主人の安全を最優先に行動できるのは、厳しい訓練の賜物にほかならない。主人もそんな盲導犬には厚い信頼を寄せ、目の代わりという機能的な意味以上に、かけがえのない存在になっていることだろう。先日、視覚障害を持つ英国の男性は、7年間連れ添った盲導犬に導かれ、仕事先から自宅まで約200キロの道のりを移動した。しかし帰宅直後、「職務完了」と男性がハーネスを外すと、犬はその場に倒れ、息を引き取ったという。(以下は引用元で 2010/04/08 ナリナリドットコム

Loyal guide dog gets owner home from 120-mile journey before collapsing and dying




イヌアレルギーが犬の毛から作った薬で治った!
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1263656/The-real-hair-dog-Boy-cured-pet-allergy-taking-medicine-animal-hair.html

Boy cured of pet allergy

Danny Pearce君(11さい)はかつて重度のイヌアレルギーでした
両親が初めて家に子犬を連れてきたとき、それが判明しました
彼はそのときひどいアレルギー症状に悩まされました
そのせいで一家は犬を飼うことができなくなってしまいました

しかし、医師が実験的に犬の毛から作った薬で治療を試みたところ
やがて二年で彼のイヌアレルギーは治ってしまったのです

Danny君は今、隣の家の犬を散歩に連れていくという
ずっと憧れていたことができるようになったそうです
5th April 2010 デイリーメール


>> 続きを読む
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-03-29 (Mon)
パトカーのバンパー食いちぎった米ペット犬、「保護観察処分」に
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2714407/5551371

パトカーに猛アタックした犬

3月29日 AFP】米テネシー(Tennessee)州チャタヌーガ(Chattannooga)でこのほど、警察車両のバンパーを食いちぎり、3台の車のタイヤをかんでパンクさせて「逮捕」されたペット犬が、6か月の保護観察処分を受けた。地元紙チャタヌーガ・タイムズ・フリープレス(Chattanooga Times Free Press)が26日、報じた。

 この犬は、オスのブルテリアの雑種、ウィンストン(Winston)。今月14日、パトカーを含めて車両4台を攻撃したほか、フェンス2か所を食い破った。飼い主のナンシー・エマーリング(Nancy Emerling)さんは、ウィンストンは普段はおとなしい犬で、事件当日に限ってなぜ凶暴化したのかわからないと話している。

 警察の監視カメラの映像によると、ウィンストンは市内の道路脇で、パトカーのバンパーにかみついて離さず、しっぽを振りながら強く引っ張り続けて、ついにバンパーを完全に食いちぎってしまった。その後、傍らで加勢するかのようにほえていた茶色と黒の犬2匹とともに、走り出したパトカーを追いかけた。

 警察官らは唐辛子スプレーやテーザー銃でウィンストンを「制圧」しようとしたが、失敗。結局、動物管理局員が出動し、捕獲棒を使ってようやくウィンストンの「身柄」を「確保」した。

 エマーリングさんは、警察官がウィンストンを撃ち殺さなかったことに本当に感謝しているとチャタヌーガ・タイムズに語った。「驚くべき忍耐が必要だったはず。警察官らはこれ以上ないほど、最良の行動を取ってくれた」

 ウィンストンは、チャタヌーガ市の動物保護施設に2週間「拘置」されたが、「模範囚」と認められたため、「釈放」された。保護観察処分を下した裁判官によると、今後6か月間にわたって服従訓練を続け、2度と暴力行為に及ばなければ、ウィンストンに付いた「危険性をもった犬」の汚名は撤回されるという。(c)AFP


(´-`).。oO(動画がヤバイ・・・)





(´-`).。oO(なんでここまでパトカーを攻撃したんだろう・・・)
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。