03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-11 (Sun)
オランウータンたちのボクシングショー

オランウータンたちのボクシングショー2

タイ、バンコク郊外のSafari Worldで開催される
オランウータンたちのボクシングショー
絶滅にひんしているオランウータンをこんなことに使うなんて!
乱獲を助長しかねないショーの在り方に、専門家は危機感を抱いています
「こんなことがまだ続けられているなんて、悲しいことです」

実際このSafari Worldは、
六年前にはインドネシアから密輸されたオランウータンを
ショーに使っていることが発覚し、タイ政府からショーを禁じられました

オランウータン 動物園でのショー禁止 69頭保護 タイ

この問題はドーセットのMonkey Worldの告発によって発覚し
そのときSafari Worldにいた48匹はNyaru Mentengへ救出されました

Nyaru Mentengに着いた当初、オランウータンたちは人を見るなり
頭を手で押さえました Safari Worldで叩かれていたようなのです
やがて、叩かれない環境に安心してそうならなくなったそうですが

野生のオランウータンは、
今やマレーシアとインドネシアのジャングルでみつかるだけです
特にスマトラ島のものは絶滅の危険が極めて高いそうです
10th April 2010 デイリーメール

オランウータンたちのボクシングショー3

オランウータンたちのボクシングショー4



orangutan_1612685i.jpg

9 April 2010 テレグラフ
スポンサーサイト
| サル | COM(0) | TB(0) |
2010-04-03 (Sat)
pig-tailed  macaque

pig-tailed  macaque2pig-tailed  macaque3

タイ南部で新しく「警察官」に任命されたサル
元は腕を折って負傷していたところを拾われたものです
彼の任務は、地域の住人たちのためにココナッツを拾うことなどです

彼のために、車を止めて写真を撮っていく行く人もいるようです
大人気です 警察と地域とのきずなを深めるのにも一役買っているようです
02nd April 2010 デイリーメール

pig-tailed  macaque4

pig-tailed  macaque5pig-tailed  macaque6


Santisuk, the pig-tailed macaque monkey, joins Thai police on patrol





クモザルの赤ちゃん、人工保育ですくすく

ヒトに最も近いボノボ 京大霊長類研に研究部門設置

高崎山リーダー猿、在位最長記録を更新

ゴリラ10年後に絶滅か アフリカ、国連が警告

チンパンジーは空気よむ? 仲間の視線に敏感 京大が初解明

「グルメ」なヒヒ、高級ブドウを食い荒らす 南ア
| サル | COM(0) | TB(0) |
2010-03-30 (Tue)


長野の地獄谷温泉でリラックスする年老いたニホンザル
英国人カメラマンDickie Duckettさん(67)が撮影しました
30 March 2010 テレグラフ





都内で桜が満開に、ニホンザルも大喜び?
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2714363/5551287

cherry-blossoms-mo_1605762i.jpg

都内各所で29日、桜の花が満開となり上野公園(Ueno Park)や上野動物園(Ueno Zoo)は花見を楽しむ人びとでにぎわった。東京の今年の開花は昨年より6日早い。写真は、桜の花芽を食べる上野動物園のニホンザル。ニホンザルは桜の花や芽を好むため、上野動物園ではサル山内に桜の木を植えているという。(2010年3月29日撮影)(c)AFP/Yoshikazu TSUNO
| サル | COM(0) | TB(0) |
2010-03-21 (Sun)
雪の中でキャッキャウフフする日本猿の魅力
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1258513/Fluffy-Japanese-monkeys-ball-play-snow.html

Japanese macaques monkey around in the mountain snow

Japanese macaques monkey around in the mountain snow2

徳島出身の土木技師にしてアマチュアカメラマン、
モチダマサシさんが撮影した雪の中で遊ぶニホンザルたち
とてもかわいらしい、ファンタスティックな写真ですよね
モチダさんも、これってファンキーモンキーですよね!っと言ってます
さらに彼は、

「普通サルって暖かいところにいるものですが、
ニホンザルだけは寒いところに生息することで有名です
日本人はみんなニホンザルが好きですよ
見ていると、童心に帰りますしね 表情豊かですし
きっと彼らも本気で雪合戦してるんでしょう」

と言いました

そんなモチダ氏の、サル撮影スポットは
長野県の地獄谷野猿公苑などだそうです
18th March 2010 デイリーメール

snow-monkey-snowba_1597603i.jpg

snow-monkey-jump_1597600i.jpg

16 March 2010 テレグラフ


(´-`).。oO(モチダさんサイト持ってないのかな、検索しても何も出てこない・・・)
| サル | COM(0) | TB(0) |
[タグ未指定]
2010-03-16 (Tue)
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100315/trd1003150056000-n1.htm

思案中
思案中 posted by (C)nenepapa

 淡路島モンキーセンター(兵庫県洲本市)のニホンザルの一部で、今年も花粉症の症状が現れていることが14日、同センターによって確認された。目をかゆそうにこすったり、くしゃみをしたりする“患者”は近年20匹ほどに増えているといい、センターの担当者は「人間同様、効果的な薬もなく、乗り越えてもらうしかない」とあきらめ顔だ。

 今年は淡路島南部でも花粉の飛散量が少ないとされ、センターによると例年より発症が1?2週間ほど遅いが、14日は、数匹のサルが典型的な花粉症の症状をみせた。

 例年、最も早く花粉症にかかるとされるメスのマンデー(17)も、涙を流しながら目頭をこすったりくしゃみをしたり、つらそうな様子。

 同センターには約200匹のニホンザルがいるが、全国的にみても花粉症の症状がひどいといい、かつての数匹レベルから、近年は増加傾向にあるという。

 同センターは「淡路島のサルの花粉症がひどい原因はわからない。もう少しがんばって、つらい時期を乗り越えてもらうしかない」としている。(2010.3.15 産経新聞


(´-`).。oO(えさに原因がありそうな気がする・・・)




シシオザルです よろしく
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20100312-OYT8T00766.htm

シシオザルの赤ちゃん

2010年3月12日 読売新聞




オランウータンに赤ちゃん 「ひな」と命名 釧路市動物園
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100309/sty1003091827007-n1.htm

ボルネオオランウータンの赤ちゃんひなちゃんボルネオオランウータンの雌の赤ちゃん「ひな」

2010.3.9 産経新聞


ゴリラがサルを食べる、証拠発見か?

1年以上逃走を続ける猿、またもや追っ手を振り切る
| サル | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。