[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-10 (Mon)
「わさお」返上…でも余計にブサイクに?
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090730/trd0907301355011-n1.htm

散髪前の太郎
散髪前の太郎


 夏本番を迎え、「ナニワのわさお」として人気の秋田犬「太郎」(6)=大阪市浪速区=が、トレードマークのワサワサした毛を切った。

 長い毛が「ぶさかわいい」と、犬好きや近所の人に評判だが、実は暑さが大の苦手。散髪は毎年恒例で、すっきり快適に“衣替え”した。

 飼い主の寺尾千恵子さん(62)は「なんだかバランスが悪くて、よけいにぶさいくに見える」と苦笑。ファンからも「切らない方がかわいい」との声が多いとか。



散髪して、さっぱりした太郎
散髪して、さっぱりした太郎
スポンサーサイト
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-08-10 (Mon)
クリックで拡大↓
ふぐり



ふぐり・・・

| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-08-10 (Mon)
お騒がせシカ 大湊湾にダイブ!も?御用?(2009/08/06)
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2009/08/06/new0908060901.htm

お騒がせシカ


 むつ市内で3日からシカが相次いで目撃され、5日、市職員らと“大捕物”を演じた末、海上で“御用”となった。捕獲されたのは2歳の雄で、エゾシカかホンシュウジカとみられる。いずれも青森県内では本来生息しておらず、市は「飼われていたのが逃げ出した可能性もある」とみている。
 市農林水産課鳥獣対策グループによると、シカは3日夕と4日朝、同市真砂町の船舶係留施設・大平マリーナで目撃されたのに続き、5日午前9時半ごろにも同じ場所に出没。同11時ごろから市職員ら約10人が捕獲に乗り出した。
 漁網で両側から囲もうとしたところ、シカは網を飛び越えて逃走し、マリーナの岸壁から大湊湾にダイブ。西側に約30分間泳ぎ続けた末、500?600メートル離れた海上で、船外機付きの船で近づいた漁業者に捕獲された。
 シカは同日、平内町の県鳥獣保護センターに収容された。DNA鑑定で種類を特定するため、市は体毛などを北海道大に送る予定。



(´-`).。oO(このあとたっぷりシカられましたとさ・・・)
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |
[タグ] かっこいい
2009-08-10 (Mon)
あるびの孔雀
| アルビノ・突然変異・病気 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-10 (Mon)
ナマケモノ:赤ちゃん人工飼育、国内最長更新へ 千葉
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090719k0000m040104000c.html

フタユビナマケモノの赤ちゃん

 千葉市動物公園(千葉市若葉区)で人工飼育されているフタユビナマケモノの赤ちゃんの飼育日数が19日で328日目を迎え、これまで平川動物公園(鹿児島市)が保持していた国内最長記録(327日)を塗り替える。人工飼育は国内3例目という。

 同園は雄1頭と雌2頭を飼育、展示。担当飼育員の伊藤泰志さん(44)が昨年8月26日、展示場所でネコのような鳴き声に気付き、木の根元にいた生後間もない赤ちゃんを保護した。母親は育児放棄の過去があるため、人工飼育を始めた。

 発見時は520グラム、体長22センチ。体重はなかなか増えず、年末には危篤状態になった。ぐったり横たわる姿に、伊藤さんは「奇跡を祈るしかなかった」と振り返る。

 願いが通じたのか、次第に体調を回復。体重もその後一気に増え、今では2500グラム、40センチに。腹もでっぷりとしている。

 3月から小枝やロープにつかまる練習を始めたが、木登りはまだ苦手。木に近づけると「ミャーミャー」と嫌がり、伊藤さんにしがみつく。「甘やかしてはいけないのですが……親離れが課題です」と苦笑する。
| サル | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。