[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-18 (Tue)
20年でライオン絶滅も ケニアの政府機関が警告
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090818/mds0908180921001-n1.htm


写真は食後のライオン=南アフリカ・クルーガー国立公園サビサビ私営動物保護区
食後のライオン


 サファリ観光で世界的に有名なケニアの政府機関、ケニア野生生物公社(KWS)は17日、同国内のライオンの生息数が過去7年間で毎年平均100頭ずつ減少し続け、このままでは20年以内に絶滅してしまう恐れがあると警告する声明を発表した。

 KWSによると、2002年に2749頭だったライオンの生息数は04年には2280頭に激減、現在は約2千頭にまで落ち込んでいるという。

 人口の急増でライオンの生息地が脅かされていることや、気候変動、病気の流行、家畜を狙うライオンを住民が殺していることなどが原因として挙げられている。

 声明は「現在の生息数を維持し増加に転じさせるために、あらゆる努力が必要だ」と指摘した。



東武動物公園のライオン「シン」。故郷アフリカでは絶滅の危機が叫ばれている
東武動物公園のライオン「シン」



東武動物公園が22日から公開を始めるライオンのココ
ライオンのココ



(´-`).。oO(ネコ科はイエネコ以外すべて減少傾向にあるそうです…)
スポンサーサイト
| ネコ科 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-18 (Tue)
興味津津
| 二種類以上 | COM(2) | TB(0) |
2009-08-18 (Tue)
アフリカ産「ミナミジサイチョウ」国内初繁殖
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090816-00000013-yom-soci


ミナミジサイチョウ


 埼玉県こども動物自然公園(日橋一昭園長、東松山市岩殿)は14日、園内で飼育中だったアフリカ原産の鳥「ミナミジサイチョウ」の繁殖に国内で初めて成功した、と発表した。

 ミナミジサイチョウは、南アフリカのサバンナに生息。成鳥は体長約90?130センチ、翼を広げれば2メートル近くになる。肉食で、くちばしはまるでサイの角のように発達している。のど元と目の周りだけが鮮やかに赤いのが特徴で、ほかはほぼ全身真っ黒だ。

 同園が成鳥のつがいを購入したのは、1999年7月末のこと。約10年が過ぎた今年3月、飼育舎の木製巣箱の中に、初めて二つの白い卵が見つかった。その卵は間もなく行方不明になり、飼育員を心配させたが、5月にはメスが再び卵を温める姿が確認された。6月上旬?中旬にかけて、2羽のヒナが無事に生まれた。

 この鳥は、ヒナを1羽しか育てないと言われている。このため、大きな方のヒナは飼育舎内で親鳥が育て、小さなヒナは飼育員が引き取って人の手で世話をすることになった。2羽は現在、いずれも80センチほどの大きさに育ち、元気いっぱいだ。羽を時折ばたつかせつつ、エサのネズミなどを毎日約400グラム、もりもり食べているという。

 担当飼育員の高尾勇さん(40)は「どんなにいい環境でも、ペアの相性が悪ければ繁殖は成功しない。国内で初めてのヒナなので、大切に育てていければ」と話している。国内で、この鳥がいる動物園はほかに、東京の上野動物園(2羽)だけ。


埼玉県こども動物自然公園
http://www.parks.or.jp/sczoo/index.html
| 鳥(中型・大型) | COM(0) | TB(0) |
[タグ] 奇妙な
2009-08-18 (Tue)
アルビノ カラス


白いカラス


白い カラス

| アルビノ・突然変異・病気 | COM(0) | TB(0) |
2009-08-18 (Tue)
子犬9頭捨てられる…人気のゴールデンレトリバー
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20090818-OYT8T00021.htm

ゴールデンレトリバーの子犬たち


 札幌市北区のホームセンター駐車場にゴールデンレトリバーの子犬9頭が捨てられ、北海道警札幌北署に届けられていたことが、17日わかった。

 同署によると、子犬が見つかったのは15日午前5時半頃。巡回中の警備員がホームセンターの駐車場出入り口付近で、か細い犬の鳴き声に気づいた。段ボールが2個置いてあり、中には生後1?2か月のゴールデンレトリバーの子犬が4頭と2頭入っており、さらに3頭が付近をうろついていた。8頭は白で、1頭は黒っぽい色だったという。

 子犬は同署に拾得物として届けられ、2日間飼い主を待ったが現れなかったため、17日午後、札幌市動物管理センターに引き渡された。18日から1週間、飼い主が名乗り出るのを待った後、公募で引き取り先を探す。

 ゴールデンレトリバーは、ペットショップで子犬でも1頭10万円以上もする人気犬。同センターの千葉司管理係長(40)は「一度にたくさん生まれすぎて、個人の飼い主がもてあましたのでは」という見方を示すとともに、「子犬だから、引き取り先が見つかるだろうと思って捨てたのなら、あまりにも無責任だ」と憤っていた。
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。