[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-04 (Sun)
犬ぞりシーズン目前、調整に励むイヌたち ロシア
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2649161/4712731


犬ぞり2犬ぞり


【10月3日 AFP】ロシアのサンクトペテルブルク(St. Petersburg)郊外で3日、5キロメートルの犬ぞり競技会が開かれた。犬ぞり競技会シーズン本番の冬を前に、イヌたちは訓練に励んでいる。(c)AFP








犬のパフォーマンス大会 米で開催
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091004/trd0910041054003-n1.htm


泳ぐイエロー・ラプラドール・レトリバー犬
ダイビングするイエロー・ラトリバー
ドーベルマン


テリー犬
シェパード犬
見事なキャッチをみせるシェパード犬


 犬たちが様々な競技、パフォーマンスを競う「インクレディブル・ドッグ・チャレンジ」大会が3日、米ミズーリ州で開かれました。全米各地から飼い主とともに参加した犬たちは、ポールの間を駆け抜ける競技やフリスビーをキャッチする競技、水中へのジャンプなど、各部門で日頃の訓練の成果を発揮しました。(2009.10.4 産経新聞)


>> 続きを読む
スポンサーサイト
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
[タグ] かわいい
2009-10-04 (Sun)
匍匐前進
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-10-04 (Sun)
かわいさ3倍 ?レッサーパンダの三つ子
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20091001-OYT8T01198.htm

6月に生まれたレッサーパンダの三つ子の赤ちゃん
(長野市篠ノ井有旅の長野市茶臼山動物園で)
レッサーパンダの三つ子

 長野市茶臼山動物園(長野市篠ノ井有旅)で、レッサーパンダの三つ子の赤ちゃんの一般公開が始まり、人気を集めている。6月19日に雄の「キキ」と雌の「セイナ」の間に生まれた雌2匹、雄1匹で、体長約60センチ、体重約1500グラムに成長した。ふつう、レッサーパンダが一度に産むのは1、2頭。以前にも、同じ親から三つ子が生まれており、飼育員の田中宏さん(36)は「三つ子の家系なのだろうか……」と驚いている。

 9月上旬から少しずつ外に出る訓練を始めており、天候や赤ちゃんの体調を見ながら一般公開している。名前はまだなく、17、18日の「秋の動物園まつり」で募集する。
(2009年10月2日 読売新聞)
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-04 (Sun)
寝る




ねことグーグル




ねこ倒れる





ねこPCの上で寝る




特等席!
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-10-04 (Sun)
拾い物は「子ヤギ」 宮古島署が保護
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150589-storytopic-5.html

拾い物は「子ヤギ」

 【宮古島】思わぬ拾い物に警察もびっくり―。9月28日未明、宮古島署へ雌の子ヤギ1頭が拾い物として届けられた。同署は所有者を捜している。同署によると、ヤギを拾い物として届け出たのは観光で宮古島を訪れた奈良県の20代男性。男性は28日午前2時ごろ、城辺長間の自動車修理工場前の路上を平良方面へ乗用車で走行していたところ、突然、左の歩道からヤギが飛び出してきたという。保護から約2週間経過しても飼い主が見つからない場合、ヤギは入札で売りに出され、換金される予定。(琉球新報 2009年10月1日)





(´-`).。oO(続報です・・・)



子ヤギ無事帰る 「拾い物」として宮古島署で保護
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150612-storytopic-5.html

 【宮古島】9月28日未明に宮古島市城辺長間で観光客の男性が発見し、拾い物として宮古島署へ届けられた雌の子ヤギの飼い主が1日午前、同署へ名乗り出た。飼い主は発見現場近くでアルミ加工販売会社を経営する国吉宏喜さん(39)。子ヤギは無事に国吉さんの元へ戻り、署員らもほっと胸をなで下ろしている。
 国吉さんによると、子ヤギは現在、生後5カ月。8月に購入し、所有する牧草地内で不要な雑草を食べさせて飼育。首輪にひもをつないでいたが、9月28日朝、行方不明になっているのに気づいた。盗難の可能性も考えたが、警察には届け出ていなかった。
 1日朝に子ヤギ保護を報じた新聞記事を見て驚いた国吉さん。宮古島署へ出向き、子ヤギの左後ろ足の傷跡の存在や購入先などで飼い主本人と証明され3日ぶりに連れ帰った。国吉さんは「発見されたのはつないでいた所から約1キロ。(発見者の男性が)警察に届け出てくれなかったら、見つからなかった。戻ってくれて良かった」と感謝しきりだった。(琉球新報 2009年10月2日)



(´-`).。oO(換金されずに済んでよかったですね・・・)



(´-`).。oO(ところで、こちらのヤギの落とし主は・・・?)


落とし物は白ヤギ 鹿児島西署で保護
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=19491

白ヤギ
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。