[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-05 (Mon)
あひる口
スポンサーサイト
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-10-05 (Mon)
スーパー駅長「たま」、犯罪撲滅1日大使に 和歌山
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091003/trd0910031110014-n1.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091003-00000525-san-soci.view-000

犯罪撲滅1日大使を務めたスーパー駅長たま
=3日午前10時07分、和歌山県紀の川市の和歌山電鉄貴志駅(頼光和弘撮影)
スーパー駅長たま

 和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)でスーパー駅長として活躍する三毛猫の「たま」が3日午前、県警の女性用制服をイメージしたマント姿で駅構内に登場し、「振り込め詐欺防止」や「自転車の鍵かけの徹底」などを市民にPRした。

 同県内では今年に入り、刑法犯の増加率が全国ワースト5位と深刻な状況が続いている。県警生活安全企画課は「たま駅長の力を借りて、何とか防犯の輪が広がれば」と、“犯罪撲滅一日大使”として白羽の矢を立てた。

 たまは、「警視正」を示す2本の金帯をあしらった帽子をかぶり、改札台の上から利用客らに愛嬌(あいきょう)をふりまいた。浅田喜久男・岩出署長ら県警関係者ら約20人がたまのイラスト入りうちわなど啓発グッズを配り、「振り込め詐欺に注意しましょう」などと訴えた。(産経新聞 2009.10.3)


1日大使を務めたスーパー駅長たま
1日大使を務めたスーパー駅長たま2


1日大使を務めたスーパー駅長たま3
1日大使を務めたスーパー駅長たま4

クリックで拡大
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-10-05 (Mon)
犬にのる




犬に乗る猫

| 二種類以上 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-05 (Mon)
シラク前仏大統領の愛犬、エリゼ宮忘れられず「うつ病」に
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2649143/4711680

フランス南西部ビアリッツ(Biarritz)で、愛犬のスモウ(Sumo)と散歩するベルナデット・シラク
(Bernadette Chirac)前仏大統領夫人(2007年7月20日撮影)。(c)AFP/DANIEL VELEZ
シラク氏とスモウ


【10月3日 AFP】ジャック・シラク(Jacques Chirac)前仏大統領(76)の愛犬のマルチーズ「スモウ(Sumo)」が、エリゼ宮(Elysee Palace)を出てからうつ病を患い、シラク氏に3度にわたってかみつき、療養のため農場に送られた。2日付の仏大衆紙パリジャン(Le Parisien)が報じた。

 同紙が掲載したシラク前大統領夫人のベルナデット・シラク(Bernadette Chirac)さんのインタビューによると、スモウはエリゼ宮を去った後の隠居生活に対処することができかったという。

 シラク一家は07年5月に大統領を退任後、ラフィク・ハリリ(Rafiq Hariri)元レバノン首相の親族が所有していたパリ(Paris)市内の広々としたアパートメントに引っ越した。

「(スモウは)エリゼ宮から出たことを決して受け入れようとしなかった。まだ生まれたばかりの子犬だったけれど、しばらくすると落ち込むようになった」

 スモウは、抗うつ剤を処方されてうつ病の治療を受けていたが、シラク氏の足に2度にわたってかみついたという。そして数か月前、今度はシラク氏の胸部にかみついた。

「マルチーズはかなり高くジャンプができるのよ。血が流れていたので、わたしは本当に怖かった」

 スモウはもともとベルナデット夫人が孫息子からプレゼントされたが、ベルナデットさんによると、「(シラク氏は)すぐに気に入って飼いはじめた」という。「夫はどこにでもスモウを連れて行った。スモウはエリゼ宮ではとっても幸せそうだった」

 ベルナデットさんによると、スモウは、シラク一家の友人がパリ郊外で所有している農場に送られて以降、かみつくなどの行為を一切しなくなったという。(c)AFP








「命が惜しければチワワを出せ」、オーストラリアの女強盗
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2647361/4684200

写真素材 PIXTA
(c) rin写真素材 PIXTA


【9月28日 AFP】オーストラリアで住宅に押し入って住人に銃を突きつけ、犬のチワワを奪おうとした女(26)が逮捕された。現地警察が28日明らかにした。

 女は生後8週間のチワワ、「ディエゴ」を1500豪ドル(約12万円)で買い受ける約束をして、シドニー(Sydney)のジョンソン家を訪れたが、家の玄関に現れると銃を取り出した。飼い主のアシュリー・ジョンソンさんによると「彼女は誰も傷つける気はないといったけど、家にはニューカッスル(Newcastle)から来た親戚がそろっていて、子どもたちだって見ていたんですよ」。

 しかしまもなく女は、家に居合わせた非番の警察官などの人々に取り押さえられ、凶器を使った強盗と武器不法所持で逮捕された。

 警察の広報担当は「犬があまりにかわいかったので、ただ欲しくなったのだろう。車を試乗して、金を払わずそのまま盗んで逃走するのと変わらない」と述べている。(c)AFP








「犬可愛い」と連れ帰る 容疑で男逮捕
http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000910040003

 他人の飼い犬を勝手に連れ帰ったとして、鹿児島中央署は4日、鹿児島市吉野町の塗装工杉浦完司容疑者(61)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。杉浦容疑者は「たばこを買いに出掛けたら可愛い犬がいたので連れて帰ったが、盗んではいない」と容疑を否認しているという。
 発表によると、杉浦容疑者は同日午前3時ごろ、同市内に住む内装業男性(42)の庭先につながれていた雑種の成犬(2万円相当)を盗んだ疑いが持たれている。鳴き声で飼い犬が盗まれたことに気付いた男性が110番した。
 同日午後、杉浦容疑者が自宅前でこの犬を散歩させているのを署員が見つけた。(2009年10月05日 朝日新聞)
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-10-05 (Mon)
マヌルネコ




まぬるねこ
| ネコ科 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。