[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-06 (Tue)
首都高で子猫救出!=側壁すき間に挟まる?地上5メートルで鳴き声、東京・上野
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009100600692

クリックで拡大
子猫救出


 子猫は無事だった?。東京消防庁は6日、東京都台東区台東の首都高速1号上り線の側壁のすき間に挟まり、身動きが取れなくなった子猫を救出した。
 同庁などによると、同日午前10時20分ごろ、近くの交番に通行人から「子猫が挟まって鳴いている」と通報があった。
 地上約5メートルにある壁のつなぎ目で、拳一つほどのすき間から顔を出し、首を上下に動かしていた。
 同11時ごろ、はしご車などが出動。同庁隊員らが首都高速の下を通る道路の2車線を通行止めにし、ビニールシートや毛布を広げて転落に備えた。
 救出の際、子猫はすき間でもがき、すぐ下の橋げたに落下。さらに逃げ回ったが、約1時間後に保護された。挟まった経緯は不明という。
 近くの書道用品店の60代女性は「下まで聞こえる大きな鳴き声がした。30人近く見物人が集まった」と話す。
 警視庁上野署によると、子猫は雌で、同署に連れて来られると、元気に室内を駆け回り、餌も食べた。「拾得物」として3?4日預かり、飼い主が現れない場合、希望者に譲ることも検討している。(2009/10/06 時事ドットコム)









井戸の子猫助かった! 魚津、3日がかりで2匹目も救助
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20091006/26515.html

奥の井戸から助け出された子猫=魚津市吉島
井戸から助け出された子猫

 魚津市吉島のアパートの枯れ井戸に取り残された子猫1匹の?救出作業?は6日午前9時ごろ再開され、同市消防署員が井戸の中に入り、同10時50分ごろ、無事助け出した。子猫は鳴き声を上げるなど元気。3日がかりの救出は成功し、前日救出された1匹と共に県新川厚生センター魚津支所で保護されている。

 付近民から子猫2匹が井戸の底で鳴いていると同市消防署に通報があったのは4日午前。同署員が出向いたが、井戸の底まで深さが8メートルあり、助け出せなかった。5日は市環境安全課や県新川厚生センターに相談し、粘着性のシートをひもの先に付けて子猫の体にくっつけ、1匹は引き上げた。もう1匹は井戸の底から伸びたパイプの陰に隠れたため、作業を打ち切った。

 6日は竹などをつなぎ合わせて子猫を陰から出そうとしたが失敗。同10時25分ごろ、連絡を受けた同市消防署幹部が「安全を確認した上で中に下りて救出しよう」と決断。ガス検知器では井戸の底に有毒ガスは検知されず、酸素濃度が19・5%と外気の21%より低めだったため、酸素ボンベを下ろし濃度を上げた。

 井戸は直径60センチ。子猫を手でつかまえやすいよう、同署員は最初、逆さづりの状態で入ろうとしたが、体勢がきつく足から入り直し、小猫を確保した。子猫はすぐに県新川厚生センター魚津支所職員が受け取り、かごに入れた。

 アパート所有者は「だれかが猫を落としたのかもしれない」と話し、子猫のうち1匹は引き取る意向を示している。同支所職員は「子猫は生後1カ月ほど。もう1匹も希望者があれば、譲ることができる」と話している。
(2009年10月06日 北日本新聞社)
スポンサーサイト
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
[タグ] おもしろい
2009-10-06 (Tue)
ねこブリッジ バスルーム
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-10-06 (Tue)
奄美大島でクロウサギ危機 巣近くに野ヤギ出没しえさ競合
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=19697

巣穴(右)に帰るアマミノクロウサギ=9月4日午後8時ごろ、奄美大島中央部(勝廣光さん撮影)
アマミノクロウサギ

 奄美大島中央部の山林で9月初旬、国の特別天然記念物アマミノクロウサギの巣穴近くを野ヤギがうろつき、周辺植物を食い荒らす姿が撮影された。野ヤギをめぐっては、希少植物の食害や土砂崩れなどが懸念されてきたが、えさの競合により、クロウサギの生息の脅威となりつつあると専門家は指摘する。
 奄美市名瀬のタクシー運転手勝廣光さん(61)が、センサー付きカメラで自動撮影した。勝さんは「15年以上定点観測してきたが初めて。野ヤギが山の中央部まで食べ進めば、クロウサギはどんどん追い込まれる。対策が必要」と訴えている。

 東京大学医科学研究所(瀬戸内町)の服部正策准教授(56)は、えさを採る能力では野ヤギがクロウサギを上回るため「共存は難しい」と指摘。ロードキル(道路上での事故死)や野生化したイヌ、ネコによる捕食も多数報告されており「放置すれば、世界自然遺産登録などへの支障となる」と話している。 (南日本新聞 2009 10/04)


クロウサギの巣穴(右)近くで木を倒して食べる野ヤギ
=9月4日午後5時ごろ、奄美大島中央部(勝廣光さん撮影)
野ヤギ
| 二種類以上 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-06 (Tue)
ぐるぐる
| クマ | COM(0) | TB(0) |
2009-10-06 (Tue)
世界の最も背の高い馬?
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/canada/6242858/Poe-the-Clydesdale-The-worlds-tallest-horse.html

うま
うま2

クリックで拡大



(´-`).。oO(馬がでかいのか一緒に写っている人が小さいのか・・・?)
| 奇蹄目 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。