[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-11 (Sun)
赤ちゃんコツメカワウソ…大阪・海遊館で公開
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre7/20091003-OYO8T00415.htm

コツメカワウソ

 大阪市港区の水族館「海遊館」で2日、8月下旬に生まれた「コツメカワウソ」の赤ちゃん4匹(オス)の一般公開が始まった=写真=。午後1時45分から約30分間、11月3日まで公開される。

 母親は海遊館で生まれ育った「ツバキ」(4歳)で、4匹とも8月29日に誕生。生まれたときは体長約7センチ、体重約70グラムで、手のひらに乗るほどだったが、母乳をよく飲んで体長13?14センチ、体重約310グラムに成長。アクリル板で囲まれた水槽に愛くるしい姿を見せ、来場者はカメラ付き携帯電話を一斉に向けていた。
(2009年10月3日 読売新聞)



(´-`).。oO(どーでもいいですが、「かわうそ君」が実写化するとか・・)


実現可能なのか!? 『伝染るんです。』実写化決定 - かわうそに古田新太
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/28/011/index.html
伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)
伝染るんです
伝染るんです。第1巻 [DVD]

かわうそ君↑



(´-`).。oO(古田新太が「下の人などいない!」って言うの・・・?)
スポンサーサイト
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-11 (Sun)
ホッキョクグマ
| クマ | COM(0) | TB(0) |
[タグ] ニュース
2009-10-11 (Sun)
飼い猫、頭に矢を刺して帰る
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1254733896429.html



[米ミシシッピー州ラーニッド 2日 AP] 猫は9つの命を持つというが、この子はそのうちのひとつを使い切ってしまったに違いない。白と灰色の2歳の猫「BC」は、誰かが射た矢を頭に刺して生還した。先週、BCは1970年代のスティーブ・マーチンのコントの下手なまねごとのような状態で家に帰ってきた。矢はBCの頭を、左右にでなく前後に貫通するかたちで刺さっていた。

BCは普通に歩いて鳴いていたが、矢がキャットフードの皿にぶつかるので食事に苦心しているようだった、と飼い主のランドルフ・ヘンダーソンさんはジャクソンのWLBTテレビに語った。

矢を除去した獣医のトロイ・マジュアさんは、矢はBCの頭蓋骨を削り取っていたが、そのせいで脳に傷がつくことは避けられたようだ、と語った。

今週には、頭の前後のかさぶたを除けば怪我をしたことなどわからないぐらいだった。(2009年10月5日 エキサイトニュース)

他の画像はこちら(痛々しい画像なので注意)
http://www.cfnews13.com/News/CountyByCounty/CountyStories/2009/10/3/ouch_cat_survives_arrow_through_head.html

図解 (赤い線が矢)
御冗談を







【海外こぼれ話】照れるにゃー

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091007/erp0910071357001-n1.htm
http://www.vetta.tv/news/6446/

ワシリー


 ロシア中部ペルミ州の飼い猫ワシリーが人命救助に貢献し、6日、非常事態省から表彰された。

 ロシアのテレビなどによると、ワシリーは8月、集合住宅で夜中に火事に気付いて鳴き声を上げ、眠っていた飼い主の女性を起こした。おかげで近所の住民も無事避難できたという。

 表彰式で鈴付きの新しい首輪とキャットフードを贈られたワシリー。女性に抱かれたままきょとんとしていた。(共同)(2009.10.7  産経新聞)
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
[タグ] かわいい
2009-10-11 (Sun)
うさぎ☆



のうさぎ

| げっ歯類 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-11 (Sun)
“見た目”いい乳牛選ぶコンテスト
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/091010/stm0910101559006-n1.htm

名誉賞に輝いた乳牛「タカダファーム・ジエーエー・バッカイ」=埼玉県熊谷市須賀広
タカダファーム・ジエーエー・バッカイ

 “見た目”が優れた乳牛を決めるコンテスト「埼玉県乳牛共進会」が10日、熊谷市須賀広の農林総合研究センターで開かれた。実行委員会によると、見栄えのいい乳牛は良質な牛乳を出す能力が高いとされる。

 コンテストには県内の酪農家が手塩にかけて育てた乳牛41頭が出品された。名誉賞に輝いたのは、上里町の高田茂さんが育てたタカダファーム・ジエーエー・バッカイ。体重約600キロと大柄な上に、健康で足腰がしっかりしていて、乳の形が整っていることなどが評価されたという。(2009.10 産経新聞)








ミルク出し続け10万キログラム 南丹で府内初 14歳乳牛
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009092700056

ラーンデール・ジャスティン・アンナ号と谷口さん(南丹市日吉町胡麻・谷口牧場)
ラーンデール・ジャスティン・アンナ号と谷口さん

 京都府南丹市日吉町の牧場で飼育している乳牛が、家畜改良事業団(東京都中央区)の検定を受けた乳牛としては京都府で初めて、通算の乳量10万キログラムをこのほど突破した。今月14歳になったが、現役で乳を出し続けており、飼い主は「まだ元気なので、日本記録の21万キログラムを目指してほしい」と話している。

 「谷口牧場」(同町胡麻)のラーンデール・ジャスティン・アンナ号で、1995年9月に生まれたホルスタイン種。

 乳牛は、乳を出すため妊娠可能な期間が現役で、平均5歳前後で役目を終える。アンナ号は体高155センチ、体重約700キロと体格が良く、乳もよく張っており、2歳から12年間で11頭の子牛を出産。休みなく乳を出し続け、大台を突破した。
 日本ホルスタイン登録協会(東京都中野区)によると、乳量10万キログラムを達成した乳牛は酪農が盛んな北海道以外ではアンナ号が84頭目という。牧場の経営者、谷口学さん(52)は「10万キログラムは全国の酪農家の夢なのでうれしい。ストレスを減らすため牛舎内で放し飼いにしたのがよかった。子牛の間は餌を食べても乳を出さないので、飼料高騰の中、1頭に長く活躍してもらう工夫が大切」と話している。(2009年9月27日 京都新聞)






(´-`).。oO(先日お伝えしたニュースでこんな画像が・・・)


デモを規制する機動隊にほとばしる母乳で対抗

http://news.livedoor.com/article/detail/4385889/

ヨーロッパでは牛乳価格の下落が続いており、経済の悪化とあいまって酪農家が大きな打撃を受けています。そんな中ブリュッセルでは、生産量調整などの保護を求める農場経営者ら3000人がトラクターなどでEU本部を包囲し抗議デモを行いました。(ギガジン)


そのデモの最中、ある男性が機動隊にミルクを発射。
母乳で抗議

http://www.nytimes.com/2009/10/06/business/global/06milk.html?_r=1&hp



(´-`).。oO(ほとばしる 白いお乳を ウシなって モーったいないと ちょっぴり思う・・・)
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。