[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-17 (Sat)
小学校が騒然!生徒が900kgの雄牛を紹介!
http://rocketnews24.com/?p=16835

Boy brings bull to Cumbrian school

英国カンブリア州にあるホールバンクゲート村の小学校で、7歳の男子生徒が人々を驚かせた。体重900kgもある巨大な雄牛を学校に連れて来たという。ニュース・アンド・スター紙が伝えた。

この小学校では毎週2人の生徒を選び、それぞれが“自分の大切にしているもの”をクラスメートに紹介するという取り組みを行っている。そこで、農家の息子であるトーマス・ベル君は、今年の全国大会で優勝した「ドラゴン」と呼ばれている雄の食肉牛を紹介することにした。生後16カ月で体重900kgというドラゴンを見て、生徒はもちろん先生も度肝を抜かれ、「犬や豚ならこれまでにもあったが、これほど大きなペットを連れて来た生徒はいない。この記録は、なかなか破れないだろう」と驚きを隠せない。

また、トーマス君はドラゴンを連れて来た理由について、「賞を取った彼をみんなに見せたかった」と言い、「犬も飼っているけれど、みんなに噛みつくと危険だから。ドラゴンなら安全だと思った」と話している。しかし、ドラゴンは巨大すぎて教室に入れなかったため、生徒たちは学校の外の芝生の上で彼を見学した。当日は、トーマス君の両親であるベル夫妻まで来校し、まだまだ大きくなり続けているドラゴンについての質問に答えたという。

学校の関係者によると、普段は許可書がないと校外に出られないそうだが、この日ばかりは、許可書なしで“チャンピオン牛”の野外見学へと繰り出せたそう。

地上最大の肉食獣といわれるホッキョクグマでも、大きいもので体重600?800kgというからドラゴンがどれほど巨大かは想像に難くない。それにしても、息子の晴れの舞台に両親そろって訪れるというのは、最近ではなかなかないのではないだろうか。小さな村のほのぼのとした光景が目に浮かんでくる。(ロケットニュース  2009年10月15日


Boy brings bull to Cumbrian school for show your pet day
スポンサーサイト
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-17 (Sat)
ねむい





ぐー





抱き枕です





こねこー
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-10-17 (Sat)
カピバラの飼育環境“日本一” 県内初、長崎バイオパークが大賞
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20091015/07.shtml

のんびりとした様子で温泉につかるカピバラ
=2008年12月、長崎バイオパーク
温泉につかるカピバラ

 動物の暮らしを豊かにする動物園や水族館の取り組みを表彰する今年の「エンリッチメント大賞」に、長崎バイオパーク(西海市西彼町中山郷)が選ばれた。カピバラの飼育環境充実が評価され、県内初の受賞となった。

 エンリッチメントとは、動物福祉の観点に立った飼育環境向上の取り組みを指す「環境エンリッチメント」が語源。同大賞は、東京の特定非営利活動法人(NPO法人)市民ZOOネットワークの主催で8回目。今年は49件の応募があり、バイオパークと旭川市旭山動物園(北海道)、京都市動物園(京都府)の計3施設の受賞が決まった。11月15日に表彰される。

 バイオパークで飼育するカピバラは34頭(9月30日現在)で国内最多。ファンの間では「カピバラの聖地」とも呼ばれている。

 カピバラ展示場は、池や島などを配し、本来生息するアマゾン川流域に近い環境を再現。飼育方法も同様に、オス1頭を中心とする群れで生活させている。同ネットは「母親が共同で子育てする習性や泳ぐ、潜るという野生本来の行動も見られる」としている。

 冬場の水を嫌っての皮膚の乾燥を防ぐため冬季限定の専用温泉を設置するなど工夫。カピバラが見せるのどかな様子や繁殖率の高さについても「快適な環境が整備され、ストレスが軽減されている」と評価。

 同パークの伊藤雅男副園長は「栄誉ある賞をいただきありがたい。飼育にかかわったすべての人に感謝し、これからもカピバラの聖地と呼ばれ続けるよう努力したい」としている。(10月15日 長崎新聞






カピバラ飼育法に大賞…露天風呂設置のバイオパーク
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagasaki/news/20091014-OYT8T00185.htm

冬場に設置された露天風呂に入るカピバラ(提供写真)
露天風呂に入るカピバラ

2009年10月14日 読売新聞




(´-`).。oO(ゆず風呂が「アマゾン川流域に近い環境」・・・?)
| げっ歯類 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-17 (Sat)
はなをあいするきつね
| イヌ科 | COM(0) | TB(0) |
2009-10-17 (Sat)
オホーツクの海にシカ 紋別港を右往左往
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20091016-OHT1T00203.htm

海に落ちて北海道・紋別港を泳ぐシカ(北海民友新聞社提供)
泳ぐシカ

 北海道紋別市の紋別港で16日朝、海に落ちて陸に戻れなくなったシカを地元の漁師らが漁網を使って救出する騒ぎがあった。冬を目前にしたオホーツクの海を泳いだシカは震えが止まらず、栄養剤の点滴を打たれて森へ戻された。

 市港湾管理事務所によると、地元漁師が午前5時半ごろ、港近くを泳いでいるシカを発見。どこから転落したのかは不明だが、周りをコンクリート製の岸壁に囲まれているため陸地に上がれず、湾内を泳いで右往左往。

 同事務所や漁協、消防などから十数人が船を出して漁網を使い、約2時間後にトラックのクレーンで引き揚げた。この日の紋別市は、早朝の気温が3・3度まで下がった。シカは雄の成獣で、衰弱していたがけがはなかった。

 港湾管理事務所の菊池敏夫次長(56)は「首と背中を出して、ゆったりと泳いでいた。泳ぎは上手だったけど、助けられてよかった」とほっとしていた。

2009年10月16日17時59分 スポーツ報知




(´-`).。oO(妙にかっこいい写真ですね・・・)
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。