[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-18 (Wed)
米・テキサス州で交通違反取り締まり中の警察官にクロネコがまとわりつくトラブル
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00166808.html

警察官に、クロネコが何度もまとわりつく

アメリカ・テキサス州で、交通違反を取り締まり中の警察官に、クロネコが何度もまとわりつくトラブルがあった。一部始終をパトカーの車載カメラがとらえていた。
交通違反を取り締まり中の警察官に、1匹のクロネコが近づいてきた。
ネコは、警察官の肩によじ登り、ついには頭の上にまで登った。
警察官は、ネコを振り落とそうと、何回も追い払ったが、ネコはめげずにまとわりついた。
このネコは近所の飼い猫で、とても人なつこく、誰にでもよじ登る癖があるということだが、あまりのしつこさに、警察官も、違反者も苦笑いだったという。(11/18 FNNニュース












「猫ちぐら」作りませんか、新潟で後継者育成
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090128-945694/news/20091118-OYT1T00548.htm

猫ちぐら

 稲わらで編んだ猫用の家「猫ちぐら」の作り手の育成が新潟県関川村で本格化している。

 「ちぐら」は、農家が子守に使っていた揺りかご。新たな特産品にしようと、1980年頃から猫用を作り始めた。注文から約1年待ちの人気商品だが、作り手グループ「猫ちぐらの会」は70?80歳代が多く、後継者育成が課題となっていた。

 今春から講習会を開くなどし、会員は16人増えて32人に。相馬新之介さん(18)は「だんだん形になるのがうれしい」と話していた。値段は1万5000円(1匹用)など。
2009年11月18日12時49分 読売新聞
スポンサーサイト
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(1) |
[タグ] ラブ 自然
2009-11-18 (Wed)
鳩ラブ (2)




鳩ラブ



| 鳥(中型・大型) | COM(0) | TB(0) |
2009-11-18 (Wed)
ギネス認定の世界で最も背の高い犬は名前も“巨大”!
http://rocketnews24.com/?p=18918

tallest dog
AP Photo/Crissy Pascual(クリックで拡大)

米国カリフォルニア州サンディエゴ出身のタイタン(Titan)と名付けられた犬が、「世界で最も背の高い犬」としてギネスブックに認定された。13日、AP通信など外信が伝えた。

4歳のグレート・デーン種であるタイタンの公式記録は足元から肩までで約106cm、頭部まで含めると約120cm。また体重は約86kgというから“巨大”という名前の通りの大きさだ。

飼い主であるダイアナ・テイラー(Diana Taylor)さんによると、タイタンは目が悪く、耳も遠く、さらに慢性の脳疾患である「てんかん」を患っているそう。脊髄矯正のために3週間ごとに鍼治療にも通っているという。

テイラーさんは「タイタンは魔法のような犬。おとなしく、物腰も穏やかで、どんな犬とでも仲良くできる」と話している。(2009年11月16日 ロケットニュース24



Guinness World Records says Titan, a white Great Dane from San Diego, is tallest dog on planet
http://hosted.ap.org/dynamic/stories/U/US_TALL_DOG?SITE=INKEN&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT






(´-`).。oO(ついでに巨大生物特集・・・)


9 of the World's Biggest Animals
http://www.oddee.com/item_96634.aspx



(´-`).。oO(みんなでかい・・・)
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-11-18 (Wed)
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(1) |
2009-11-18 (Wed)
レッサーパンダ「イチ丸」命名式
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/chiba/091114/chb0911142045005-n1.htm

レッサーパンダ2

 市川市大町の市川市動植物園で、7月4日に誕生したレッサーパンダの赤ちゃん=写真=の名前が「イチ丸」に決まった。15日午後1時半から、園内のミニてつ広場・レッサーパンダ4号舎で、7月4日生まれの来園者による命名式が開かれる。

 「イチ丸」は、同園生まれのメイファから生まれた生粋の市川っ子だ。複数の候補から、来園者に「名前」を投票してもらったところ、市川生まれにピッタリの「イチ丸」に決まった。

 同園によると、命名者になれるのは先着2人。入園時に7月4日生まれであることが分かるものを提示すればよいという。(2009.11.14 産経新聞







頭上を通るレッサーパンダ 長野市の茶臼山動物園
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/nagano/091116/ngn0911162116000-n1.htm

レッサーパンダ

 頭上をレッサーパンダが通る?。長野市の茶臼山動物園で10月にオープンしたレッサーパンダの新獣舎が、動物本来の動きを見せる「行動展示」を採り入れ、早くも人気スポットになっている。

 新獣舎「レッサーパンダの森」は、屋内外に運動場が整備され、鉄柵がなく間近でレッサーパンダをみることができる。約1000平方メートルの広さがあり、総工費約8700万円をかけて整備され、現在は8匹が暮らしている。

 昭和60年から使用してきた旧獣舎は老朽化が激しくなり、単独行動が基本のレッサーパンダを一室に何匹もいれるなど住環境が悪化していた。

 新獣舎の建設が決まってから、同園の20、30代の若手職員が仕事が終わってから集まり、「本来の動物の自然な姿を見せて、お客さんを喜ばせるにはどうしたらよいのか」と約1年間議論を重ねてきた。

 おりの中に閉じこめた動物を“見せ物小屋”のように展示するのでなく、旭山動物園(北海道旭川市)の取り組みで有名となった行動展示を採り入れ、至る所に工夫を施した。(以下は引用元で 2009.11.16 産経新聞
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。