[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-09 (Wed)
いたづら
スポンサーサイト
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-12-09 (Wed)
盲目の猫「誰か飼って」 西原の山城さん「大事にしてくれる人」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-153879-storytopic-5.html

ねこねこ

 「目の見えない猫を、誰か飼ってあげてほしい」。そう呼び掛けるのは西原町小那覇のコンクリート製造業、山正物産工場長の山城正剛さん(60)。毎日朝夕、工場に餌をもらいに来る飼い主のいない盲目の子猫の引き取り手を探している。
 山城さんと猫の出合いは約1カ月前。山城さんが自家用車を駐車する工場敷地内の物陰にいたという。「初めて見たときは野良猫がいるなと思っただけだったが、近寄ってみると目がなくてびっくりした」と振り返る。
 それ以降、山城さんは毎日、朝夕の2回、その場所で餌を与えている。当初は警戒した様子を見せていたが、すぐに懐くようになり、現在では山城さんの足元をぐるぐると回ったり、抱きかかえられたりするようになった。山城さんは「家では7、8年前に子どもたちが拾ってきた犬と猫を飼っている。この猫まで飼うことはできない」と引き取ってくれる人を探している。
 体長は約30センチで性別は雄、茶と白の体毛に覆われている。「餌を与え始めて1カ月で体の大きさが2倍になった」(山城さん)ということから子猫とみられる。両目の部分はひっかかれた後が痛々しく残り、目をなくしている。
 同工場に勤める永吉百合枝さん(54)も「ハンディに負けず、日々精いっぱい生きているこの猫を、大事にしてくれる人に飼ってほしい」と呼び掛けている。(2009年12月7日 琉球新報







【爆笑 珍道具見本市】掃除猫靴 猫も人間の役に立ちたい
http://www.zakzak.co.jp/life/newitem/news/20091208/nit0912081630000-n1.htm

掃除猫靴

 いよいよ今年もあとわずか。賃金カットをぼやいているうちの、あっという間の1年だった。というわけで暮れも押し迫り、なにかと忙しく猫の手も借りたい。ならば、ということでじっさいに猫の手を借りることにした。

 モップの付いた靴を猫に履かせ、床を歩かせて掃除させようというのだ。無駄飯ばかりの猫にしても、少しは人間の役に立ちたいに違いない。ところが、じっさいに靴を履かせてみたところ、神経質な猫はすぐ靴を脱いでしまった。ここはやはり、マルチーズのような小型犬のほうがいいかもしれない。(2009.12.08 zazak







【台湾ブログ】日本にある「伝説のネコ島」訪問紀
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1204&f=national_1204_015.shtml

  宮城県石巻市から船で約40分ほど、仙台湾に浮かぶ『田代島』は知る人ぞ知る有名な島だ。田代島は面積わずか3.4平方キロ、島民の数は74人の小さな島なのだが、田代島には人間よりも多くのネコが暮らしており、ネコ好きの人にとって一度は訪れてみたい島といえよう。

  2006年5月にテレビで取り上げられたことがきっかけに、田代島は全国的に『ネコの島』、『ネコの楽園』として有名になり、ネコを目当てとする観光客が訪れるようになった。田代島はネコ好きの中国人のあいだでも有名なのだが、実際に田代島を訪問したという台湾人ブロガー、その名も『猫博士』が、自らのブログに「猫島訪問紀」を綴っている。

  猫博士は「ついに実現した!2009年8月21日、私はついに『伝説』の猫島にやって来たのだ」と語り、島内のいたる場所で撮影した写真を掲載しながら、その喜びを綴った。

  猫博士の「猫島訪問紀」に対し、中国人ネットユーザーから多くのコメントが寄せられている。ハンドルネームY頭というユーザーは「美しい島だ。ネコもとってもかわいい!」とのコメントを寄せているほか、作有良心的獣医というユーザーは、「私も存在だけは知っていた。日本の動物愛護の精神は中国人が学ぶべきものであり、中国もいつの日か、人間と動物が共存できるようになって欲しい」と述べている。

  また、小〓猫というユーザーは「自分もぜひ田代島に行ってみたいが、ツアー旅行では日程に組み込まれていないし、個人旅行はお金が足りないから無理そうだ(注:中国人の日本個人旅行は年収制限や保証金の提出など、さまざまな制約が存在する 〓は口へんに「多」)。」と述べている。(2009/12/04 サーチナ



参考↓

猫パワーで“離島おこし”
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091117/trd0911171054003-n1.htm


田代島〈猫の島〉旅日記
http://www.excite.co.jp/News/bit/post/sid_79766/
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-12-09 (Wed)
ねこのなる木
クリックで拡大
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-12-09 (Wed)
猛獣たち仲良く暮らす
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/2761449/Giants-of-wild-are-grr-eat-pals.html

animals together2

彼らはふつう、野生においては天敵同士です。しかし、これらの猛獣たちは大変珍しいことに、友好な状態で飼われています。

黒いクマのBaloo、ライオンのLeo、そしてベンガルトラのShere Khan、彼らは今からちょうど八年前、アトランタ警察が薬物押収をしているさいに救われました。そのときはみな、生後二か月の赤ちゃんだったそうです。

彼らは麻薬王のステータスシンボルとして飼われていました。米国ジョージア州のNoah's Ark動物保護センターに届けられた後、お互いのことを考えて、彼らはともに飼われることが決まったそうです。

動物保護センターの副管理者Diane Smith氏は、「我々は彼らを引き離すこともできました。しかし、彼らが家族として寄り添って保護センターに来た時から、一緒に育てることを決めました」「我々の知る限り、この組み合わせはここだけでしょう。(サンドイッチの組み合わせBLTになぞらえて)彼らは我々のBLT(bear, lion and tiger)です」と言いました。(以下は引用元で 07 Dec 2009 TheSun


animals togetheranimals together3animals together4

| 二種類以上 | COM(0) | TB(0) |
2009-12-09 (Wed)
ブラックジャック?
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。