[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-31 (Thu)
ラッコ、貝殻で強化ガラス壊す
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090128-945694/news/20091231-OYT1T00291.htm

らっこ怖い

 豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市大岩町)で、極地動物館の展示ガラスにヒビが入り、メーンプールが閉鎖されている。

 プールで飼育されているラッコのヤヨイ(メス、15歳)が、エサの貝殻でガラスをたたくためで、隣のサブプールに移されて展示されている。

 ヤヨイは1996年に来園してから好物のオオアサリを食べたりする際、貝殻をプールの展示用強化ガラス(縦約2メートル、横約3・4メートル)に打ちつける癖があり、13日朝、2枚重ねのガラスの内側の1枚(厚さ1・5センチ)にヒビが全体に入っているのが見つかった。

 放置しておくと、プールの水圧でガラス全体が割れる心配があるため、メーンプールを閉鎖した。強化ガラスの取り換え工事は年明けになる見込み。同園ではメーンプールに断り書きを掲示して、入園者の理解を求めることにしている。
2009年12月31日11時23分 読売新聞



(´-`).。oO(拡大画像見ると・・・すげえヒビ入ってますね・・・)







雑記帳:「ラッコの来る岬」4頭じゃれ合う 根室
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091231k0000m040079000c.html

ラッコみさき

 野生のラッコ4頭が30日、北海道根室市納沙布岬の岩場に集まり、仲良くじゃれ合った。2月に釧路市に出現した「クーちゃん」を含む4頭。

 「ラッコの来る岬」として知られるが、昨年までは2頭だけでも珍しかった。ところが、5月にクーちゃんが“移住”して以来、まるで呼び寄せたかのように仲間が次々に来遊していた。

 とはいえ、4頭同時に出現するのは初めて。ラッコ観察歴四半世紀の、土産物店長、竹村秀夫さん(58)は「まさしく帰ってきた4頭。北方四島が返還される予兆かも」と、2日早い初夢に、来年の領土交渉進展に期待をかけた。(毎日新聞 2009年12月30日
スポンサーサイト
| 海獣 | COM(0) | TB(0) |
2009-12-31 (Thu)
かつらねこ



かつらねこ (2)
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2009-12-31 (Thu)
しっぽ振ってぐるぐるワン、愛犬からの「お歳暮」
http://www.asahi.com/national/update/1230/SEB200912300001.html


愛犬くろふきのとう


 大分県宇佐市安心院町の農家民泊経営佐藤美代子さん(57)がフキノトウを大量に見つけた。きっかけは愛犬クロ。日課の散歩中に突然段々畑に登っていった。

 追いかけたところ、ある所でしっぽを振りながらぐるぐる回ってワンワンと大はしゃぎ。辺りを見回すと100本以上生えていた。愛犬からの「お歳暮」ということで、天ぷらにして、一足早い春の苦みを堪能した。

 クロは以前も山野草が生えた場所に導いたことがあり、「これからも何か見つけてくれそう」。今後に期待する佐藤さんの考えは甘い?(2009年12月30日 朝日新聞






体の中に棒がつまった子犬!手術で奇跡的に助かる!
http://rocketnews24.com/?p=21797

Christmas miracle for dog

子犬の体の中から棒が発見されて話題を集めていると26日、イギリスのテレグラフ紙などが伝えた。この子犬は、手術を受けて奇跡的に一命を取り留めたという。

事件の起こりはクリスマス・イヴだった。飼い主によると子犬は、呼吸困難に陥ったように息が荒くなり、歩くことさえ難しそうな素振りを見せた。何かを誤って飲み込んだと思った飼い主は、口のなかに手を入れて取り出そうとしたが不可能だった。そこで、動物病院へ連れて行ったところレントゲン写真には衝撃的なものが写った。

なんと子犬の首の長さの倍以上もあるおもちゃの棒が、喉に詰まっていたのだ。これには飼い主はもちろん医師らも驚いた。その後、手術が行われて子犬は奇跡的に無事だった。

手術に立ち会った看護婦は「レントゲン写真を見ても、初めは信じられなかった。即死でもおかしくない状態だった。運が良かったとしか言いようがない」とその驚きを表現する。

目に入れても痛くないほど可愛いワンちゃんでも、見ていないスキに何があるか分からない。経験した人なら分かると思うが、愛犬を失ったときのショックは計り知れないものがある。年の瀬で忙しい時季だが、十分に注意を払いたいところだ。(2009年12月30日 ロケットニュース24

子犬の体の中から棒


Christmas miracle for dog who swallowed toy fairy wand the length of its body







早く新しい家が欲しいワン 13匹の子犬たちのクリスマス
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1238076/Looking-loving-home-13-pups-Christmas.html

13 pups2

あまりにたくさん持ち込まれたので、名前をつけるのにもひと苦労だったそうです。

これらの13匹のかわいらしい子犬たちはクリスマスに動物保護センター「Battersea Dogs & Cats Home」に送られてきたそうです。生後七週目のマスチフ犬だそうで、飼い主がもう世話が出来なくなったからだとか。

まだ幼いので新年を迎えるまで里親のところへ届けることはできませんが、オンラインで寄付などを募っているそうです。(24th December 2009 デイリーメール


13 pups13 pups313 pups4
| 犬(ペット) | COM(0) | TB(0) |
[タグ] おもしろい
2009-12-31 (Thu)
ねこつよいです
| 二種類以上 | COM(0) | TB(0) |
2009-12-31 (Thu)
秋吉台サファリランドで「干支の引継ぎ式」?ウシからホワイトタイガーへ
http://yamaguchi.keizai.biz/headline/759/

ほわいとたいが

 秋吉台自然動物公園サファリランド(美祢市美東町、TEL 08396-2-1000)で12月26日、毎年恒例のイベント「干支(えと)の引継ぎ式」が行われた。

 同イベントは、今年の干支の動物から来年の干支の動物へ「干支札」を引き継ぐもので、今年で9回目を迎える。

 13時から始まった式では、まず招待された赤郷保育所(美祢市)の園児たちがウシに「ウシさんありがとう」と声を掛け、秋吉台サファリランドの戸島晨吉園長がウシから干支札を外した。次に、ホワイトタイガー獣舎へ移動し、同園児たちが「トラさん、がんばってください」と声を掛け、ホワッピー(キャラクター)に干支札が渡された。

 同園は日本で最初のホワイトタイガーを搬入した動物園で、現在はホワイトタイガー3頭、ベンガルトラ22頭を飼育している。

 元日?1月3日・9日?11日には、ホワイトタイガーに餌を与えることができる「干支(トラ)へのエサやり」も行う。先着30人まで。(山口宇部経済新聞 2009年12月26日





トラと2ショットいかが…香川・しろとり動物園
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091228-OYT1T00268.htm

ベリー

 香川県東かがわ市のしろとり動物園で開かれている来年の干支(えと)のトラとの記念撮影会が好評だ。

 寝そべるトラの傍らで来園客がポーズを取ることができ、同園は「おとなしい性格なので、思い通りのショットが狙えますよ」とPRする。午後1時から30分間で来年1月中旬まで。

 ベンガルトラとホワイトタイガーの間に今年4月に生まれた雌の「ベリー」(体長約80センチ)。生後2か月頃に続いての“モデル”で、「成長した姿を撮りたい」という声に再開を決めた。撮影会ではスタッフの指示でトラと触れ合うこともでき、多い日には50組以上の家族連れらが列を作るという。

 徳島市から訪れた清水由紀子さん(31)は「怖くなかった。さっそく友だちにメールで送りました」と話していた。

 入園料は中学生以上1300円、3歳以上600円。午前9時?午後5時。無休。問い合わせは同園(0879・25・0998)。
2009年12月29日11時05分 読売新聞


朗報!トラとの撮影会復活!
| ネコ科 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。