[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-02 (Sat)
ライオンパパ、子供の構って攻撃にキレて・・・ガブリ!
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1238917/Amazing-moment-male-lion-loses-patience-attention-seeking-cub-bites-head.html

male lion

そのライオンの子はあんまりパパをいらいらさせるので、ついに噛みつかれてしまいました。長い時間、パパのたてがみを引っ張ったり、毛皮を噛んだり、好き放題やったのですから、仕方のないことかもしれません。

この子供ライオンは、パパが自動車の屋根の上でのんびりしているのを見るや、そこに這いあがっていきました。そして、パパが眠そうにしていたのに、そそのかすようにちょっかいを出しはじめました。結局、そのせいで、噛みつかれてしまったというわけです。(以下は引用元で 28th December 2009 デイリーメール



しかし、噛みついてもやっぱりパパ、子供は無傷だったようです

male lion2








クロヒョウの赤ちゃん、名前を募集中
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091227-OYT1T01001.htm

黒豹の赤ちゃん

 浜松市動物園(浜松市西区舘山寺町)は、今年9月30日に生まれたクロヒョウの赤ちゃんの名前を2010年1月5日まで募集している。

 動物園によると、赤ちゃんはメス。警戒心が強く、獣舎から運動場に出たり入ったりを繰り返している。時々母親の「ナイ」(13歳)にじゃれ、かわいらしい姿を見せている。本格的な公開は1月1日から。

 応募は、1日から園内に用意される応募用紙1枚に愛称1つを記入し、園内の応募箱に投函(とうかん)する。2月上旬に命名式を行う。名付け親には動物園招待券などがあたる。

 問い合わせは同動物園(053・487・1122)へ。12月29?31日は休園。
2009年12月28日09時11分 読売新聞
スポンサーサイト
| ネコ科 | COM(0) | TB(0) |
2010-01-02 (Sat)
猫と子供たち (2)




猫と子供たち (3)




猫と子供たち
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-01-02 (Sat)
額に白い「ハート王子」、3歳牡馬で集客作戦
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20091229-OYT1T00907.htm

ハート王子

 広島県福山市営競馬場が、額に白いハート模様がある3歳の牡(ぼ)馬・ハマノバレンタインに「ハート王子」の愛称を付け、集客作戦に乗り出している。

 11月末から女性やカップルに写真入りカードを配っているほか、来年のバレンタインデーまでの出走日に4度来場してスタンプを集めた人には使用済みの蹄鉄(ていてつ)をプレゼントする。次回の出走は1月2日の予定だ。

 ハマノバレンタインは今年2月に中央競馬でデビュー後、不振だったが、9月、福山に移ってから8戦2勝と調子は上向き。累積赤字20億円の福山競馬を救う切り札として、ファンの心をつかめるか。
2009年12月30日09時32分 読売新聞
| 奇蹄目 | COM(0) | TB(0) |
[タグ] かわいい
2010-01-02 (Sat)
ふくぶくろ
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
[タグ] ニュース
2010-01-02 (Sat)
高崎山でサル新リーダーの就任式 辞令は着ぐるみが受領
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010101000252.html



 大分市の高崎山自然動物園で1日、二つあるサルの群れのうちB群(526匹)で、昨年新しいリーダーとなったタイガーの就任式があった。

 人間に厳しく愛想の良くないタイガーは、サル寄せ場に設置されたステージに登壇せず、代わりに着ぐるみを着た関係者が、大分市商工農政部の吉田元部長から“辞令”の文書を受け取った。同園での就任式は1998年以来。

 タイガーは推定27歳で、人間ならば87歳ぐらい。争いになると先頭に立つ頼りがいのある性格という。寅年にふさわしい名前の由来は、ゴルフのタイガー・ウッズ選手。就任式のあいさつで吉田部長は「女性関係には気を付けてほしい」とくぎを刺した。(2010/01/01【共同通信】







雑記帳:厳しい寒さをしのぐ「サル団子」 香川の動物園
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091228k0000m040024000c.html

sarunoodanngo.jpg

 香川県の小豆島・土庄町にある銚子渓自然動物園「お猿の国」で、サルたちが「サル団子」を作り、身を寄せ合って、厳しい寒さをしのいでいる。

 気温が下がる夕暮れ近くによく見られ、ボスザルは中心におさまって目を閉じて気持ちよさそうにしている。団子の中には、子ザルをしっかり抱えた母ザルの姿も。

 寒い日ほど大きくなり、50匹以上で直径2メートル以上になることも。同園のサルはタテ関係が緩やかで来る者を拒まないためという。暖を取る唯一の手段に、サル者はおらず。(毎日新聞 2009年12月27日
| サル | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。