[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-25 (Mon)
もふもふ白犬ふとん
スポンサーサイト
| 二種類以上 | COM(0) | TB(0) |
2010-01-25 (Mon)
キツツキの仲間コツコツ、電柱カバーに巣作り 兵庫
http://www.asahi.com/national/update/0122/OSK201001220146.html

アオゲラ

 兵庫県相生市青葉台の住宅地で、キツツキの仲間アオゲラのオスが、電柱の支線のワイヤにかぶせた樹脂製の筒(直径20センチ、長さ1メートル)に穴を開けてすみついているのを、近所の丸田昭生さん(67)が見つけて撮影した。穴は直径5センチほどで、アオゲラは昼間に出かけて、日没直前に帰ってくるという。

 兵庫県立人と自然の博物館の北村俊平研究員は「珍しい音がしたので喜んでつついているうちに穴があいたのでは」と話す。繁殖期は4?5月のため、つがいの巣ではなく、ねぐらとみられる。筒は支線にツタがからんで電線がショートするのを防ぐためのカバーで、支線には電気は通っておらず、関西電力相生営業所の担当者は「送電には影響がないので、静かに見守ります」。

 相生市は、アスファルトを押しのけて育った、ど根性大根「大ちゃん」の町。丸田さんは「大ちゃんのように有名になって、相生を元気づけてほしい」と話している。(2010年1月23日 朝日新聞







インコが「梅の話」語る
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=182772

ぴーちゃん

 和歌山県みなべ町東本庄で日用雑貨店を営む佐々木真澄さん(53)が飼っている、雄のインコ「ピーちゃん」が話す昔話風の「梅の話」が話題になっている。佐々木さんが創作した話で、梅の需要が低迷している時期だけに、明るい話題として近所の人らを楽しませている。

 佐々木さんがインコを飼い始めたのは2005年。いま飼っているピーちゃんは4羽目になる。ピーちゃんは佐々木さんの話を特に熱心に聞き、物覚えがよいという。(以下は引用元で 2010年01月20日 紀伊民報






シジュウカラの精子の活力は色に現れる
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100121001&expand

何の実かな シジュウカラ
何の実かな シジュウカラ posted by (C)Canary

 シジュウカラのオスを対象に羽毛の色鮮やかさと精子の活力との関係を調べる研究が初めて行われ、胸部に派手な模様のあるオスほど精子が強力であると明らかになった。

 自らの子孫を残すため、シジュウカラのオスは色鮮やかな羽毛を使って自身がオスとして優れていることをメスにアピールする。一方メスも同じ目的で、優秀な精子を持つオスを外見から見極めようと必死だ。(以下は引用元で January 22, 2010 ナショナルジオグラフィックニュース
| 小鳥 | COM(0) | TB(0) |
[タグ] おもしろい
2010-01-25 (Mon)
すべる.gif
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
2010-01-25 (Mon)
スラムダンクならぬスラムトランク!(trunk=象の鼻)
http://www.dailymail.co.uk/news/worldnews/article-1245464/Meet-Toktak-elephant-Koh-Samui-Thailand-plays-basketball.html

slam trunk

スラムダンクシュートというのは、バスケットボールにおいて、なかなかに困難なテクニックです。スーパージャンプが要求されます。しかしコートの中のこの巨人にはそんなもの必要ありません。

9歳のゾウ、Toktakは、鼻をちょっと伸ばすだけで、たやすくゴールにボールを入れることができます。

Toktakと6歳のゾウMalieは、タイのKoh Samui島で、象使いによって毎日訓練されたそうです。(以下は引用元で 23rd January 2010 デイリーメール


slam trunk2slam trunk3slam trunk4


Slam trunk: pictures of elephants in Thailand that have been trained to play basketball






ゾウのはな子63歳 来月6日お祝い会

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20100120-OYT8T00081.htm

象のハナコ

 国内最高齢のゾウとされる「はな子」の「63歳のお祝い会」が来月6日、飼育されている井の頭自然文化園(武蔵野市御殿山1)で開かれる。

 はな子は1947年頃、タイで生まれたアジアゾウ。49年に日本に船で運ばれてきた後、54年、上野動物園からトラックに揺られて同文化園に移ってきた。

 はな子の誕生日ははっきりしないため、最近は9月の敬老の日にお祝い会を開いてきたが、伊勢丹吉祥寺店が閉店記念で売り上げたオリジナルストラップの収益金約400万円を同園の動物たちのために使ってもらうチャリティー金として贈呈することになり、お祝い会と授与式を同時に開くことになったという。

 歯が抜け落ちたはな子のために、飼育係の職員が重ねた食パンにペースト状にすりつぶしたサツマイモをぬり、果物をのせた「お誕生日ケーキ」を贈るほか、先着300人には、はな子をイメージした特製のパンをプレゼントする。また、はな子や伊勢丹吉祥寺店にちなんだクイズ大会も開く予定だ。午後1時?2時。雨天決行。問い合わせは、同園((電)0422・46・1100)へ。
2010年1月20日 読売新聞
| ゾウ | COM(0) | TB(0) |
[タグ] おもしろい
2010-01-25 (Mon)
びふぉーあふたーな猫
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。