07≪ 2017/03 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-21 (Thu)
ヴァン猫へ援助の手を―ヴァン猫保護協会会長の訴え
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20100108_124349.html

ヴァンねこ

 ヴァン猫研究センター所長のアーオウル教授はヴァン猫の血統が消滅するのを回避するために資金援助をお願いしたいと述べた。

 ユズンジュ・ユル大学(YYU)「ヴァン猫研究センターおよび猫の家」の代表を務めるザヒド・アーオウル教授は、ヴァン猫が2010年バスケットボール世界大会のイメージキャラクターに選定され非常に嬉しく思っていると述べ、「『猫の家では備品やエサが足りない、これらもどうにかしてくれる?』とヴァン猫が言っている」と話した。

 白い毛で左右異なる色の目を持ち、世界中に様々な種類の猫がいる中で、この地方特有の種であり、トルコの生きた文化遺産であるヴァン猫が、8月にトルコで行われる2010年のバスケットボール世界大会のイメージキャラクターに選ばれたことで、地元ヴァンでは大きな歓声が湧いた。

 ヴァン猫研究センターのアーオウル所長は、ヴァン猫の血統を守るためにユズンジュ・ユル大学の組織内に設置されたヴァン猫研究センターで、15年以上もの間努力してきた述べ、ヴァン猫種は、彼らの科学的研究の結果保護に成功したと語った。(以下は引用元で 2010年01月07日付 Radikal紙  訳 東京外国語大学中東イスラーム研究教育プロジェクト

この記事の原文はこちら

* * *



火災から飼い主を救った猫が行方不明
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1263989936324.html

[米イリノリ州ワンダーレイク 18日 AP] シカゴ郊外の町ワンダーレイクのカップルが、家の火災から彼らの命を救ったものと思われる飼い猫の居所を探している。ジョッシュ・オーンバーグさんとレティシア・コヴァロフスキーさんによれば、13歳の猫「ベイビー」は、月曜早朝に居間のソファで眠っていた彼らを起こした。そのとき彼らの家は寝室から出た火が発する煙で充満されるところだった、とオーンバーグさんは語っている。

彼は消火器で火を消した後、緊急電話番号911に通報した。

2ヶ月後に双生児が生まれる予定だというふたりは家の外に避難した。猫の「ベイビー」と犬もそうしたが、しばらくするうちにベイビーの姿は消えてしまった。

ベイビーは家猫で、灰色と茶色と白が混ざっている。はやく見つかるといい、と彼は語った。(2010年1月20日 エキサイトニュース







エジプトで猫の姿の女神発掘 プトレマイオス朝で初
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/147169

バステト

 【カイロ共同】エジプト考古最高評議会は19日、同国北部アレクサンドリアの神殿遺跡から、古代エジプト・プトレマイオス朝の王、プトレマイオス3世(紀元前246?同221年)時代とみられる猫の姿をした女神「バステト」の像を発掘したと発表した。

 母なる女神とされるバステトの像は紀元前2890年ごろのエジプト初期王朝時代の遺跡からも見つかっているが、プトレマイオス朝時代では初めてといい、評議会は「バステト信仰がこの時代まで続いていた証拠」としている。

 評議会によると、遺跡はプトレマイオス3世の妻ベレニケの神殿とみられ、長さ約60メートル、幅約15メートル。約600個のさまざまな像が発掘され、一部がバステトの像だった。神殿は後世に破壊され、採石場として用いられていたという。(2010年1月19日 西日本新聞







「たま」駅長、さよならイベントで手形残す
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100116-OYT1T00588.htm

手形を残すたま駅長

 三毛猫の「たま」(雌、10歳)がスーパー駅長を務める和歌山電鉄貴志駅(和歌山県紀の川市)で16日、駅舎建て替えに伴う「さよならイベント」が開かれた。

 駅舎の壁をメッセージボードに見立て、たまが、食紅を塗られた右前脚で“手形”を残した後、住民や観光客らが駅舎との別れを惜しむ一言や、たまへの励ましの言葉を書き込んだ。

 3日に同社の執行役員に昇進したたまは、工事に合わせて24日から2月末までの長期休暇に入る。飼い主の家で過ごすといい、社員らも「最近忙しかったから、少しはのんびりして」と“上司”を気遣った。
2010年1月16日13時32分 読売新聞



たま駅長、にゃが?い休暇へ 和歌山電鉄が駅舎建て替え
http://www.asahi.com/national/update/0117/TKY201001160420.html

長期休暇に入るたま駅長

2010年1月17日 朝日新聞







■「猫の島」観光客急増
http://www.sanriku-kahoku.com/news/2010_01/i/100114i-tasiro.html

 「猫の島」が代名詞になった石巻市の田代島を訪れる観光客が大幅に増えている。若い女性グループを中心に、かわいらしい猫たちに会いたいと願う愛猫家でにぎわう。昨年は、外国人客やアジアのテレビ取材が来島するなど、猫ブームは国外でもヒートアップ。一方で観光客が餌を与えることから、猫を取り巻く環境の変化を心配する声もある。

 石巻?田代島の離島航路を利用した客は、2008年10月?09年9月の1年間で約1万3700人。前期の約9500人を突破し、44%の大幅な伸びとなった。

 季節的には、大型連休の5月と夏休みの7?9月がピーク。8月は約3000人、5月も1600人が来島した。特に黄金週間は満船の便が出るほどのにぎわいだった。

 市企画部は「平成以降では間違いなく最大の増加率。島の人口が多かった時代は不明だが、人数的にもかなり多い方ではないか」と話す。(以下は引用元で 2010.01.14 三陸河北新報社






猫の写真コンテスト
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=23133&catid=18

猫の写真コンテスト

 ◎…捨て猫や保健所から引き取った猫を店内で飼い、来店客に癒やしを与えている宮崎市の猫カフェ「うたたね」で、動物愛護をアピールしようと猫の写真コンテストを開催中=写真。

 ◎…同店ホームページ(HP)で31日まで募り、応募作品はHPや店内に展示。人気投票と審査員によって選ばれた入選作品は、同市内のホテルで来月開催されるイベントで公開する。

 ◎…開店して1年3カ月。これまでに飼い主が見つかり、店から35匹が譲渡された。「みんな幸せに暮らしています」とスタッフ。幸せな猫がもっと増えるよう、最高に愛らしい写真待ってます。 (2010年01月19日 宮崎日日新聞
| 猫(ペット) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。