07≪ 2017/03 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-13 (Sat)
コウモリは酒に酔ってもちゃんと飛ぶ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100210001&expand

コウモリは酒に酔ってもちゃんと飛ぶ

 コウモリは酒に酔っても何の問題もなく飛べるという最新の研究が発表された。中南米に生息する熱帯性コウモリは、常食とする発酵した果物や果汁に含まれるアルコール分に酔っても、生まれつき備わった“音波探知装置”を使ってしらふの時と同じように飛べるという。人間でいえば、法定血中アルコール濃度を超えても車の運転に支障がないようなものだ。

「中には酒に弱い種もあるはずだと大いに期待してこの研究を始めたんだが、残念ながらコウモリは私たちの研究計画書を読んでくれなかったようだ」と、この研究の共著者でカナダにあるウェスタンオンタリオ大学の生物学者ブロック・フェントン氏は冗談めかして言う。

 フェントン氏の研究チームは2009年4月、中米ベリーズ北部でコウモリ6種、合計106匹を捕獲し、砂糖水と、酒類の主成分で酒酔いを引き起こすエタノールとのどちらかを与えた。与える量は個体の体重に合わせて調節した。さらに唾液を採取して血中アルコール濃度(BAC)を測定した。その結果、中にはBACが0.3%を上回ったものもいた。ちなみに、BACが 0.08%以上ならばアメリカの50州すべてで飲酒運転の罪に問われる。
(以下は引用元で February 10, 2010 National Geographic News






orphaned-bat.jpg

オーストラリアのLake Macquarie Holmesvilleで人口哺育される
オオコウモリの赤ちゃんRose Petal
Sandra Penmanさんの手からミルクを飲んでいます
11 February 2010 テレグラフ
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。