10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-23 (Tue)
糖尿病を操るイルカ、人間に応用可能か
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100222003&expand

糖尿病を操るイルカ

 イルカの中で最も有名な種であるハンドウイルカはいわゆる「2型糖尿病」持ちだが、人間とは異なり、糖尿病の“スイッチ”を自在に切り替えることができるという。大きな脳を維持するために必要な進化的適応の結果だろうと最新の研究は伝えている。

 人間の糖尿病もイルカと同じように、氷河期に進化的適応から生まれた可能性がある。今回発見された糖尿病の“スイッチ”は、2型糖尿病の治療に大きく貢献し得ると期待されている。
(以下は引用元で February 22, 2010 ナショナルジオグラフィック





イルカサーフィン 荒波もどんと来いだぜ!
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1251711/Every-dolphins-gone-surfin-Stunning-pictures-hundreds-glide-monster-waves.html



























南アフリカの海で撮影された驚異のイルカサーフィン
17th February 2010 デイリーメール

Dolphins surfing off the coast of South Africa. Pictures by Greg Huglin
| 海獣 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。