04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-24 (Wed)
野生アライグマ、なぜか虫歯・・・支笏湖周辺
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20100223-OYT8T00007.htm

写真素材 PIXTA
(c) カズキ写真素材 PITA


 支笏洞爺国立公園内に生息する「アライグマ」の間で、虫歯のような症状が広まっていることが、国立公園の維持管理をしている自然公園財団支笏湖支部の調査で分かった。野生動物は一般的に虫歯にかかりにくいとされ、原因は不明。専門家も首をかしげている。

 同財団は、アライグマが特定外来生物に指定された2005年以降、箱ワナを使い、支笏湖周辺で駆除活動を始めた。これまで約130頭を捕獲し、約20頭の頭骨を調べた。

 その結果、半数の10頭から奥歯に虫歯のような痕跡が見つかった。臼歯のエナメル質が溶けて虫食い状態になったり、歯が大きく崩れたりしている個体があった。中には上あごと下あごに計6本も虫食い状態の歯のある個体も見つかった。

 動物園などで長期飼育している動物やペットは、歯垢(しこう)細菌が原因で虫歯になることがあるが、野生動物が虫歯になるのはまれ。同財団によると、捕獲したアライグマの大半は人里から離れた場所で生息し、人間の出した残飯を食べている形跡もないという。

 歯学博士で、北里大獣医学部准教授の進藤順治さんは「野生動物に、これほど高い割合で虫歯が発生するのは通常なら考えられない。アライグマを取り巻く環境に、何らかの問題が起きている可能性がある」と話している。
2010年2月23日 読売新聞

アライグマ なぜか虫歯に


* * *




アライグマ、ヌートリア大暴れ 兵庫県は全国最悪 
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002732232.shtml

資材置き場に現れたアライグマ

 外来生物法で特定外来生物に指定されているアライグマとヌートリアによる兵庫県内の農業被害が2007、08年度、2年連続で1億円を突破した。いずれも全国ワースト1で、被害を受けた農家では転作する動きもあるという。ほかの動物に対する危害も深刻になっており、防除計画をつくる自治体が目立つが、決め手に欠けているのが実情だ。(川口洋光)

 兵庫県森林動物研究センター(丹波市)によると、08年度の県内の農業被害はアライグマが約6500万円、ヌートリアが約4200万円で、獣類による被害としてはシカとイノシシに次ぐ3、4位を占める。

 農林水産省鳥獣被害対策室によると、いずれも県内の被害は増加傾向にあり、アライグマは3年連続で全国ワースト1、ヌートリアも記録の残る範囲では6年連続で全国最多となった。
(以下は引用元で 2010/02/22 神戸新聞





大都会に迫る狂犬病=アライグマの感染急増?NY
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010022200021

 【ニューヨーク時事】高層ビルが林立する米ニューヨークのマンハッタン地区に、狂犬病の脅威が忍び寄っている。感染したアライグマが今年に入り、セントラルパークなどで相次いで確認され、人がかまれる被害も発生。関係機関が緊急対策に乗り出す事態となっている。
 市保健当局によると、同地区で1月から1カ月余りの間に、狂犬病感染が確認されたアライグマは40匹。2008年までの6年間はコウモリ1匹の感染の報告例があるだけで、急増ぶりは明らかだ。
 大半は年間2500万人が訪れるセントラルパークで「既に死んだか、症状が現れた状態」(市担当者)で見つかった。このため、市などは同公園を中心にわなを仕掛け、捕らえたアライグマにワクチンを接種し、まん延を食い止める方針を決めた。(2010/02/22 時事通信
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。