07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-26 (Wed)
3トンのカバから猟場管理人は逃げた――彼自身の命の安全のために
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1208479/Shocked-gamekeeper-runs-life-ton-hippo.html


カバに命を狙われた男


カバに命を狙われた男2


カバに命を狙われた男3


カバに命を狙われた男4


カバの気に障ること……それは食事の邪魔をされることだ。機嫌よく草を食べているカバの邪魔をしたために、ウガンダの猟場管理人は命からがら逃げ惑うハメに。

走れば人間より速いカバが怒って突撃、携帯無線を身に付けているだけのマーチソン・フォールズ国立公園の猟場管理人は必死で身をかわし何とか逃げ延びることはできた。カバは攻撃的な動物で、アフリカで最もどう猛な動物とみなされることも多い。カバの顎(あご)は10フィートのワニをも噛み千切ることができるのだ。

彼らはよく人間やボートを襲う。ずんぐりむっくりした体格と短足にも拘らず時速48kmと、人間を上回るスピードで走ることが出来る。陸上の哺乳類の中で体重は3番目という大きさだ。雄は最大4,000ポンド、体長17フィートになる。大人のカバは、川や沼地でしばしば生活の場を同じくするワニを屁とも思っていない。
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。