09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-29 (Sat)
マダガスカル島のキツネザル、焼き肉にされて絶滅の危機
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090828/fnc0908280815003-n1.htm


キツネザル


 世界で4番目に大きい島、マダガスカル島に生息する絶滅危惧(きぐ)種のキツネザルが密猟の餌食となり、レストランで焼き肉として食べられている。

 環境保護団体コンサベーション・インターナショナル(CI)のラス・ミッターマイヤー会長はワシントンからの電話インタビューで、自然保護区での伐採が進んだ結果、森林に生息するキツネザルが狩られ、「多くが地元のレストランで夕食に供されている」と述べた。

 ミッターマイヤー会長は、「現在起きていることは氷山の一角にすぎない。この種の狩猟が始まれば数週間以内で非常に簡単に絶滅する。キツネザルはとても素朴な動物で簡単に捕まえることができる」と指摘した。CIによると、密猟者にはキツネザル1匹につき50米セント(約50円)が支払われる。レストランへの転売価格は4ドル(約380円)。密猟方法にはパチンコや毒、わななどが使われるという。

 特徴のある大きな目と叫ぶような声で知られるキツネザルのは生息地は、マダガスカル島と周辺の小島に限られる。アフリカ南東沖に位置する旧フランス領のマダガスカルは政治的な危機で揺れており、自然保護区の監視や保護ができなくなっている。密猟が急増しているのは、このためだ。

 キツネザルの体重は約28グラムから約10キロで、数エーカー(1エーカーは4047平方メートル)から数百エーカーの範囲で群れをなして生活している。

 マダガスカル島の自然生態系のおよそ90%が伐採、狩猟、採鉱で破壊されている。約2000万の動植物が何百万年の間、ほかの土地と隔絶されて独自の進化を遂げてきた。CIによれば、マダガスカルは自然を生かしたエコツーリズムに「大きく依存している」状況だ。

 ミッターマイヤー会長は、「密猟者は金の卵を産むガチョウを殺しているようなもの。観光客の一番のお目当てを消し去っている」と指摘。密猟者らについて「国の価値を低下させ、エコツーリズムによる将来の収入を奪っている」と述べた。

 不安定な政局の続くマダガスカルでは野党指導者、アンドリー・ラジョエリナ氏の支持者らが2カ月にわたる抗議デモを実施。今年3月、当時のラベロマナナ大統領を辞任に追い込んだ。その後、ラジョエリナ氏は軍の支持を得て大統領を名乗っているが、アフリカ連合(AU)は加盟資格を停止している。(ブルームバーグ Jeremy van Loon)



(´-`).。oO(もうちょっと詳しい記事はこちら)


キツネザルの密猟が横行、マダガスカル
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=39967993&expand
| サル | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。