07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-10 (Sat)
アホウドリはシャチを追う:日本の極地研の研究
http://wiredvision.jp/news/200910/2009100822.html

写真素材 PIXTA
(c) Otchar写真素材 PIXTA


南極のアホウドリたちの背中に小型カメラを取り付けたところ、餌を採る際の巧妙な戦略が明らかになった。アホウドリは、広い大海原を獲物を求めて当てもなくさまよったりはせず、シャチを追って飛び、この肉食の哺乳類の食べ残しにありついているらしいことが分かったのだ。

アホウドリはしばしば、餌を求めて数日の間に数百キロメートルを飛ばねばならない[抱卵期間中の採餌のために、1日で900キロ以上移動する個体もいる]。研究者らは長らく、ほとんど目印のない大海原で、アホウドリがどのように進路を決めているのか、疑問に思っていた。これまでの研究では、嗅覚と視覚の組み合わせで進路を決めている可能性が示唆されていたものの、これまで誰も、この肉食の海鳥の行動を直接記録できていなかった。

アホウドリを追跡するため、[日本の国立極地研究所の]研究チームは、口紅サイズのデジタルカメラに水深センサーと温度センサーを組み合わせて、アホウドリ[マユグロアホウドリ]4羽の背中に取り付けた。南極海のサウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島沖にあるバード島でのことだ。[論文筆頭筆者である坂本健太郎氏(北海道大学)がマユグロアホウドリにデータロガーを取り付けている画像はこちら]

アホウドリが3度の採餌旅行から戻ってきた時点で、背中のカメラには2万8725枚以上もの写真が保存されていた。ほとんどの写真は暗すぎて使い物にならず、6600枚はレンズの真ん前で羽毛が揺れて、霞がかかったようになってしまっていたが、残りの写真だけでも目覚ましい成果が生み出された。


外洋でシャチと遭遇する姿をとらえた
鳥に搭載したカメラが、外洋でシャチと遭遇する姿をとらえた。Image:国立極地研


「驚くべき発見の1つは、研究対象となったアホウドリの1羽が、採餌旅行の途中でシャチ(学名:Ornicus orca)に遭遇していることだ。その写真では、シャチが海面から姿を見せており、ほかにもシャチの後を追っているらしいアホウドリが3羽写り込んでいる」と、研究チームは10月7日(米国時間)付でオープンアクセス誌『PLoS ONE』に掲載された論文に書いている。

残念ながら、この写真に続く場面の何枚かの写真は、羽毛のせいで見えなくなっていた。しかしカメラが急激な温度の低下を記録していることから、このアホウドリがシャチの姿を捉えた直後に海水面に降り、その後の30分ほどはシャチの後を追いながら、残り物を求めて海中に入っていたことが推測される。水面に浮かんだ残り物を食べる方が、ずっと効率が良いと研究者たちは書いている。

同じような行動は熱帯の鳥たちでも観測されており、その場合はマグロを追って餌にありついている。しかし、極地にいるアホウドリのこうした行動が記録されたのは今回が初めてだ。

以下の動画では、バード島にいるアホウドリたちが互いにグルーミングし、ふわふわした灰色のヒナを育てる様子を見ることができる。British Antarctic Surveyによる動画だ。(WIRED NEWS 2009年10月 8日)








(´-`).。oO(アホウドリの名前はマジで「アホ」からだそうで改名しようという動きもあるとか)



「アホウドリという名をオキノタユウに変えよう」
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1464482052/E1961771132/index.html



(´-`).。oO(この発見で「汚名」返上できるかも・・・?)
| ペンギン・海鳥 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。