09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-16 (Fri)
チンパンジー、見返りなくても要求あれば手助け
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090128-945694/news/20091014-OYT1T00640.htm

相手の要求に応じてステッキを渡すチンパンジー=京大霊長類研究所提供
ステッキを渡すチンパンジー

 チンパンジーも相手の気持ちが理解できる? チンパンジーが、見返りがなくても仲間が要求すれば手助けをすることを、田中正之・京都大野生動物研究センター准教授と山本真也・東京大研究員らが初めて明らかにした。

 人間が、互いに助け合う現在の社会を作り上げる過程の解明につながりそうだ。米科学誌プロスワン(電子版)に発表する。

 山本研究員らはチンパンジーにステッキを使ってジュースの入った容器を引き寄せたり、ストローを使ってジュースを飲んだりする訓練を、京大霊長類研究所で実施。2頭のチンパンジーを透明なアクリル板で仕切った隣同士の部屋に入れ、片方がステッキ、他方がストローを使えばジュースを飲める状態にして、それぞれに逆の道具を与えた。

 母子、大人の雌同士の計6ペアについてそれぞれ、1週間で24回実験した結果、全体の59%で四角い穴から道具の受け渡しがあり、そのうち、相手の要求で渡したケースが75%でみられた。自発的に渡したり、奪ったりしたのは少なかった。片方だけに道具を与えた場合でも、相手が要求すれば道具を渡すことが多かった。山本研究員は「人が自発的に他人を助ける行動は、人の祖先がチンパンジーと分かれて進化する過程で獲得したのだろう」と話している。
2009年10月14日13時36分 読売新聞





* * *


アニメのチンパンジーのあくびが本物に伝染、米研究
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2639187/4553033

チンパンジー

9月9日 AFP】アニメのチンパンジーがあくびをすれば、本物のチンパンジーにも伝染する――。こんな珍しい研究結果が、9日発行の英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に発表された。

「あくびが伝染する」というのは人対人ではよく知られており、これまでの研究ではチンパンジーの間でも伝染するとされてきた。

 しかし今回の研究では、モニターに映るアニメのチンパンジーのあくびが本物のチンパンジーに伝染するということが初めて示された。

 米ジョージア(Georgia)州ローレンスビル(Lawrenceville)にあるヤーキス国立霊長類研究センター(Yerkes National Primate Research Center)のマシュー・キャンベル(Matthew Campbell)氏らは、9?43歳までの24匹のチンパンジーを2匹ずつに分け実験を行った。

 それぞれのペアに、48センチのスクリーンでアニメーションのチンパンジーが出てくる短い3D映像を2本見せた。その中の1本だけにあくびをするチンパンジーが登場した。

 研究者らは、本物のチンパンジーがアニメのチンパンジーに感情的なつながりを感じる可能性があるため、本物のチンパンジーが単なる模倣ではなくより意味のあることを行っている可能性があると指摘する。

「あくびの伝染は感情の伝染と同じしくみで制御されている。研究結果は、アニメに対する共感をはっきりと示している」

 研究はさらに、この手法は動物の行動と認知能力を調べる上で重要な手段になる可能性があるとしている。(c)AFP








リアルすぎる不安:『不気味の谷』現象をサルでも確認
http://wiredvision.jp/news/200910/2009101422.html

サルは、非常に実物に近いが完全には実物と同じではないように表現された自分たちの姿に対して異常な反応を示すことが実験で明らかになった。このような傾向が人間にあることはこれまで十分に証明されているが、他の生物種で確認されたことはなかった。

研究では、サルの好みを調べるために、マカク属のサルに対して、サルの顔の実物写真、デジタル処理によるカリカチュア(戯画)、実物に近いCG画像を見せた。サルたちは、実物に近いCG画像から何度も目を逸らした。

『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)に12日付けで発表された論文の中で、プリンストン大学の進化生物学者であるShawn Steckenfinger氏とAsif Ghazanfar准教授は、「サルたちの視覚的行動は、人間の視覚的行動とまったく同様の『不気味の谷』を見せる」と述べている。(以下は引用元で 2009年10月14日 WIRED NEWS



不気味の谷現象
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%B0%97%E5%91%B3%E3%81%AE%E8%B0%B7%E7%8F%BE%E8%B1%A1
| サル | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。