09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-04 (Wed)
マッコウと巨大イカ:親子で食事
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009110206&expand
マッコウと巨大イカマッコウと巨大イカ2

クリックで拡大

 小笠原群島近海で、体長9メートルほどのダイオウイカの死骸の一部をくわえたメスのマッコウクジラが子クジラを従えて泳ぐ様子。2009年10月15日に撮影された“実に驚くべき”写真の内の一枚で、マッコウクジラがダイオウイカを好んで食べることの証拠となる写真が撮影されるのは非常に珍しいという。

 ニュージーランドにあるオークランド工科大学でダイオウイカを研究するスティーブ・オシェア氏がナショナルジオグラフィック ニュースに語ったところによると、これらの写真は、細切れにした獲物を使って子クジラに自分で獲物を捕える練習をさせる習性がマッコウクジラにあることも明らかにしている可能性があるという。マッコウクジラの体長は成長すると18メートルに達する。

 カメラマンのトニー・ウー氏は撮影時の様子を「Daily Mail」紙の記事で次のように振り返っている。「大人のマッコウクジラ5頭と子クジラ1頭の集団はそろって海中深くもぐっていった。大人のクジラが潜り方と同時にイカの食べ方を子どもに教えているようだった」。 (November 2, 2009 ナショナルジオグラフィック ニュース



マッコウと巨大イカ:小笠原群島
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009110207&expand



マッコウと巨大イカ:食べ残した腕
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009110208&n_gadget=0000
| 海獣 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。