08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-07 (Sat)
タヌキが木登り 阿南の市街地、松の木に
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2009/11/2009_125703911596.html

木登りたぬき

 タヌキも木に登る? 阿南市住吉町にある民家の松の木に野生動物のタヌキが登っているのを31日、近所の人が見つけた。木の上でタヌキが目撃されるのは珍しい。

 見つかったのは阿南市の市街地で、民家は現在空き家となっている。体長40センチほどの若いタヌキで、根元から3メートルほどの高さで分かれた枝に、おなかを乗せるようにして“滞在”。時折キョロキョロと周りを見渡す以外はあまり動かず、どこかユーモラスな雰囲気。居心地がいいのか、登ったものの下りてこられなくなったかは不明だが、夜になっても木から下りてこなかった。

 空き家の南側に住む無職、萩野憲作さん(70)が自宅から窓越しに外を眺めていて見つけた。萩野さんは「タヌキがこんな高い場所にいる姿を見るのは生まれて初めて」とタヌキさながらに目を丸くしている。

 県立博物館によると、10?12月は今年生まれたタヌキの巣立ちの時期という。佐藤陽一自然課長は「タヌキは木登りがあまり得意ではないので、木の上で目撃されるのは珍しい。巣立ちのタヌキかどうかは分からないが、若いタヌキが野犬か何かに追われて登ったのかもしれない」と話している。

【写真説明】松の木の3メートルの高さに登ったタヌキ=阿南市住吉町(2009/11/1 徳島新聞







皇太子ご一家、タヌキを自然に帰す
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009110600426

 宮内庁は6日、皇太子ご一家がお住まいのある赤坂御用地で1月から保護していたタヌキを自然に帰されたと発表した。
 同庁によると、雅子さまが1月に赤坂御用地を散策中、けがをして衰弱しているタヌキ1匹を発見、鳥獣保護法に基づく必要な手続きを取り保護していた。自力で生活できるまでに回復したため、専門家の意見を聞いた上で、先月29日に赤坂御用地内で放した。雅子さまはタヌキのけがの回復を喜んでいるという。(2009/11/06 時事通信
| イヌ科 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。