07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-20 (Fri)
天然記念物のヤマネ、池田で保護 県内97年以来
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news2/article.php?storyid=9039

やまね

 池田町で林業を営む男性(40)が18日、国の天然記念物に指定されているネズミ目の哺乳(ほにゅう)類、ヤマネを町内の木材加工場で発見した。負傷の状況や体長、体重などの個体情報を調べるため、県自然保護センター(大野市)が一時保護した。同センターによると、県内で生きた個体が保護されるのは珍しく、記録上では1997年に大野市で保護されて以来という。

 ヤマネは日本固有種で、本州などの山中に広く分布。背中に黒い帯状の毛があるほかは、尾も含む全身が褐色の体毛に包まれている。四肢や耳は小さく、頭胴長は大きくても8・5センチ前後と小型。

 発見されたヤマネは6センチの尾を含み全長12センチ、体重16・5グラムで、雄の成体とみられる。発見者の男性が18日午前3時過ぎ、自宅にある木材加工場で飼い猫がくわえているのを見つけた。男性はヤマネについての知識があり、猫にかまれるなどで負傷している可能性があったため、同センターに保護を依頼。センター職員が、わらを詰めた段ボールに入れて持ち帰った。

 同センターの調査でこのヤマネに負傷がないことが分かり、保護ケースの中を元気よく跳びはねるなど体調は良好という。山中に返すか保護を続けるかは、今後の様子を見て決めるとしている。同センターでは「ヤマネの捕獲は禁止されており、発見した場合はほっておくか、負傷したり死んでいる場合はセンターに連絡をお願いしたい」と話している。(11月19日 福井新聞
| げっ歯類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。