10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-06 (Sun)
豚がトンで、ピッグリ?(って、実はトランポリンでジャンプしてるだけだけど)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1233284/Pigs-fly--The-tiny-porker-likes-better-bouncing-trampoline.html



この子ブタは、自慢のきれいなかかとを見せつけることができて、とても幸せそうです。珍種のブタScarlettは、六週間でトランポリンテクニックをマスターしたそうです。

飼い主のGwenとSteve Howell夫妻は、彼らの娘Alex(八歳)と、Tara(十四歳)がトランポリンを遊ぶ暇がないほど、この、ハンガリー生まれの羊の毛をもつmangalitzaという種類のブタが楽しんでいると言っています。

不動産関係の仕事をしている夫妻には、Shrewsburyの農場に七匹のペットのブタがいます。Scarlettの父親のブタPercyもはじめはトランポリンを試してみたそうですが、現在はそれを壊してしまうほどに太ってしまったとか。

夫妻は来週、このScarlettの特技をSimon Cowell(※訳注 英国のオーディション番組のプロデューサー)に見せ、「Britain's Got Talent」(※訳注 英国のテレビ番組)のオーディションを受けるつもりだそうです。46歳のHowell夫人は「Scarlettはトランポリンを披露しますし、私たちの飼っている他の二匹のブタ(ArthurとPolly)はダンスをするつもりです。審査員のみなさんの印象に残るようにしたいですね」と言いました。(以下は引用元で 05th December 2009 デイリーメール

Scarlett2Scarlett3







雄ブタ2匹と暮らすカップル、ドイツ

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2670743/4987259

雄ブタ2匹と暮らすカップル

12月3日 AFP】ドイツ南部コンスタンツ(Konstanz)のカップル、ニコール・ヘヒラー(Nicole Hechler)さんとマルコ・ロレンツ(Marco Lorenz)さんは、マンションで2匹の雄ブタと暮らしている。(c)AFP/DDP
雄ブタ2匹と暮らすカップル2雄ブタ2匹と暮らすカップル3雄ブタ2匹と暮らすカップル4



雄ブタ2匹と暮らすカップル5雄ブタ2匹と暮らすカップル6







汚いブタは健康的なブタだ、という調査結果が明らかに
http://slashdot.jp/science/09/12/01/046240.shtml

Nature Newsによると、キレイなブタよりも、汚いブタのほうが免疫力を高める「有用なバクテリア」を多く持っている、という調査結果が明らかになったそうだ(BMC Biology誌に掲載された論文(doi:10.1186/1741-7007-7-79)。

研究では、54匹のブタを屋外と屋内に分け、それぞれに抗生物質入りの餌を食べさせて育てたそうだ。その結果、屋外で育てられたブタについては腸内のバクテリアの9割が健康に役立つ良性のものだったのに対し、屋内で育てられたブタについては、腸内バクテリアの7割以下しか良性のものがいなかったという。

動物の体内には多くの有用な微生物が生息しており、それらは動物の健康を守るのにも役立っているが、この結果から、幼少時の環境が腸内の有用な微生物の数や、粘膜の免疫機構に大きく影響をもたらしていると考えられるとのこと。

ブタについても、「無菌状態」は将来の健康には良くないようだ。 (2009年12月01日 スラッシュドット
| 偶蹄目 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。