08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-26 (Sat)
木下大サーカス消防訓練、ゾウも参加…京都
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre1/20091222-OYO8T00397.htm

象の消火訓練

 京都市伏見区の伏見桃山城運動公園特設会場で開催中の「ライガーミラクルイリュージョン☆木下大サーカス京都公演」に出演中の団員ら約70人が21日、万一の場合に備えての消防訓練を行った。

 テント入り口付近のチケット売り場の電気配線から出火したとの想定で行われ、団員らは伏見消防署員の指導を受けながらポンプ車のホースや消火器の使い方や観客の非常時の誘導法などを学んだ。ゾウも避難訓練などに参加した。

 木下唯志・木下サーカス社長は「においや音、動物の鳴き声など、常に異変に注意を払い、防火意識を徹底しておきたい」と話していた。
2009年12月22日 読売新聞


* * *


2世誕生へ期待! 豊橋の動物園で交尾を初確認

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20091222/CK2009122202000153.html

ダーナとアーシャー

 豊橋総合動植物公園(豊橋市大岩町)で飼育されているアジアゾウの雄「ダーナ」(38歳)と、雌の「アーシャー」(32歳)が21日朝、初めて交尾している姿が確認された。アーシャーは10月に東京・上野動物園から来たばかりだが、ダーナとの相性が良く、2世誕生へ期待が高まっている。

 総合動植物公園は当初、2頭の安全性を考え、別の場所で飼育していた。だが柵越しに鼻を絡ませるなどの仲の良い様子を見せていたため、昼間は11月中旬から頻繁に同じ場所で過ごしていた。

 2頭は20日夕に部屋が別々になっている室内へ入るのを嫌がったため、外のまま飼育員が徹夜で監視。深夜に交尾するそぶりを見せていたが、明るくなった21日午前8時ごろに交尾を確認した。飼育員の須川敏行さん(44)は「アーシャーが発情期に入ったとみられるので、妊娠する可能性がある。当面このまま見守りたい」と話している。(2009年12月22日 中日新聞






生後2日目のアジアゾウの赤ちゃん、ドイツ
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2677943/5080593

アジアゾウの赤ちゃん

ドイツ南部ミュンヘン(Munich)のヘラブルン動物園(Hellabrunn Zoo)で飼育係と遊ぶ、21日に生まれたアジアゾウの赤ちゃん、「ジャムナ・トニ(Jamuna Toni)」(2009年12月23日撮影)。(c)AFP/DDP/JOERG KOCH


アジアゾウの赤ちゃん2アジアゾウの赤ちゃん3アジアゾウの赤ちゃん4



アジアゾウの赤ちゃん5アジアゾウの赤ちゃん6アジアゾウの赤ちゃん7






特大カボチャペロリ ゾウの姫子にプレゼント…兵庫・姫路市立動物園
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre1/20091223-OYO8T00447.htm



 冬至の22日、播磨地域は放射冷却現象の影響で、最低気温は軒並み平年を下回り、西脇市で氷点下4・6度、姫路市で同1・6度を記録し、この冬一番の冷え込みとなった。兵庫県姫路市本町の市立動物園では、「カボチャを食べると風邪を引かない」との言い伝えにちなんで、アジアゾウの「姫子」(メス、32歳)に、直径約65センチ、重さ約55キロの特大のカボチャが贈られた。

 1987年に始まった恒例行事。体重約3・5トンで、1日に約80キロの干し草や野菜を食べるという姫子は、たつの市の農家からプレゼントされたカボチャを右足で割り、約30分間で完食。近くの保育園児約50人が見守り、「おいしい?」などと声をかけていた。

 保育園児の竹内篤樹ちゃん(6)は「大きなカボチャだったけど、ペロリと食べてびっくりした。僕も風邪を引かないようにカボチャを食べたい」と話していた。
2009年12月23日 読売新聞





巨大カボチャで元気になるゾウ 広島の動物公園
http://www.asahi.com/national/update/1223/OSK200912220149.html

象の冬至

 冬至の22日、安佐動物公園(広島県広島市安佐北区)のヒヒや象たちに、栄養価が高く、冬に食べると風邪をひかないとされるカボチャがプレゼントされた。飼育員が刻んだカボチャ入りのバケツを持ってヒヒ山に現れると、アヌビスヒヒ50頭が先を争うように殺到した。象の前に置かれたのは約57キロの巨大カボチャ。雄のタカが鼻や牙で崩して口に運び、雌のメイも横から鼻を差し出し仲良く食べた。羊やヤギは来園した親子連れにスティック状にしたカボチャを食べさせてもらった。来園者にもカボチャのスープが振る舞われ、体を温めた。(2009年12月23日 朝日新聞
| ゾウ | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。