05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-26 (Sat)
あたろうか、あたろうよ 犬山、サルも焚き火で焼き芋
http://www.asahi.com/national/update/1221/NGY200912210001.html

焼いもサル

 愛知県犬山市の「日本モンキーセンター」に、たき火が登場。飼育されているヤクニホンザル約150頭が肩を寄せ合って火を囲んだ。

 たき火は50年続く恒例行事。今年は、先週末に東海地方を厳しい寒気が襲い雪が降った。残雪のなかで、サルたちは待ちかねた様子で炎にあたり、たき火で作った焼き芋を楽しんだ。

 たき火を始めたのは1959年の伊勢湾台風がきっかけ。被害にあった倒壊家屋の廃材を、暖をとるため飼育員が燃やしたところ、サルが集まり、それ以来続けている。

 同センターのサルは現在、71種約800頭。ヤクニホンザルは、56年の設立時に屋久島から収集され、最も頭数が多い。(2009年12月24日 朝日新聞
| サル | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。