06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-21 (Sun)
和歌山城にカワセミつがい 春呼ぶカップル
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20100219-OYT8T01388.htm

和歌山の戸根さん撮影

飛ぶ宝石 カワセミの魅力

 「飛ぶ宝石」とも呼ばれるカワセミのつがいの撮影に、和歌山市畑屋敷東ノ丁、パソコン講師戸根治さん(68)が19日、和歌山城内で成功した。カワセミは3月頃からの繁殖期にしかペアで行動しないといい、一足早く春の訪れを感じさせる1枚となった。

 午前8時35分頃、和歌山城の紅葉渓庭園で戸根さんがカメラを構えていると、突然、水色に輝く2羽のカワセミが草むらから飛び出してきた。次の瞬間、そろってお堀の石の上に止まり、慌ててシャッターを切ったという。

 昨年11月、同庭園でカワセミを発見。下くちばしが赤いメスと、上下ともに黒いオス、両方いると確認できた。それから、毎朝通って2羽がそろう瞬間を狙ったが、この日まで、近付く様子は全くなかったという。戸根さんは「ずっとこの瞬間を待っていた」とうれしそう。

 兵庫県立人と自然の博物館の研究員北村俊平さんによると、カワセミは繁殖期以外は単独で生活する習性で、縄張り意識も強いという。「ペアが撮影できたということは、春が近づいてきた証しではないでしょうか」と話していた。
2010年2月20日 読売新聞






カワセミの狩りの瞬間をとらえたカメラマン

http://www.dailymail.co.uk/news/article-1249168/Like-shooting-fish-barrel-How-photographer-coaxed-kingfisher-pose-camera.html

photographer coaxed a kingfisher


photographer coaxed a kingfisher2

Adrian Grovesさんが川岸に小魚の入った水槽を設置し、
そこにカワセミをおびき寄せて撮影した
「カワセミの狩りの瞬間」
08th February 2010 デイリーメール

photographer coaxed a kingfisher3
| 小鳥 | COM(0) | TB(0) |
[タグ] 自然
2010-02-16 (Tue)
雪の中のすずめちゃん
| 小鳥 | COM(0) | TB(0) |
2010-02-03 (Wed)
ムクドリたちが集まって、まるで大きな鳥のよう?
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1247731/Bird-vane-Self-loving-starling-make-giant-shape-STARLING.html



ムクドリの群れは、空の上で、いろんな形になることが知られています。

しかし、もしかするとこの瞬間、彼らはちょっと傲慢になったのかもしれません。彼らはなんと、私たち地上に生きる者たちがびっくりするような大きなムクドリになったのです。

夕暮れの、かすかに赤く輝く空にそれはよく映え、冬の微風を受けながら、素晴らしいフォルムを形作っていました。(以下は引用元で 02nd February 2010 デイリーメール


>> 続きを読む
| 小鳥 | COM(0) | TB(0) |
2010-01-25 (Mon)
キツツキの仲間コツコツ、電柱カバーに巣作り 兵庫
http://www.asahi.com/national/update/0122/OSK201001220146.html

アオゲラ

 兵庫県相生市青葉台の住宅地で、キツツキの仲間アオゲラのオスが、電柱の支線のワイヤにかぶせた樹脂製の筒(直径20センチ、長さ1メートル)に穴を開けてすみついているのを、近所の丸田昭生さん(67)が見つけて撮影した。穴は直径5センチほどで、アオゲラは昼間に出かけて、日没直前に帰ってくるという。

 兵庫県立人と自然の博物館の北村俊平研究員は「珍しい音がしたので喜んでつついているうちに穴があいたのでは」と話す。繁殖期は4?5月のため、つがいの巣ではなく、ねぐらとみられる。筒は支線にツタがからんで電線がショートするのを防ぐためのカバーで、支線には電気は通っておらず、関西電力相生営業所の担当者は「送電には影響がないので、静かに見守ります」。

 相生市は、アスファルトを押しのけて育った、ど根性大根「大ちゃん」の町。丸田さんは「大ちゃんのように有名になって、相生を元気づけてほしい」と話している。(2010年1月23日 朝日新聞







インコが「梅の話」語る
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=182772

ぴーちゃん

 和歌山県みなべ町東本庄で日用雑貨店を営む佐々木真澄さん(53)が飼っている、雄のインコ「ピーちゃん」が話す昔話風の「梅の話」が話題になっている。佐々木さんが創作した話で、梅の需要が低迷している時期だけに、明るい話題として近所の人らを楽しませている。

 佐々木さんがインコを飼い始めたのは2005年。いま飼っているピーちゃんは4羽目になる。ピーちゃんは佐々木さんの話を特に熱心に聞き、物覚えがよいという。(以下は引用元で 2010年01月20日 紀伊民報






シジュウカラの精子の活力は色に現れる
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100121001&expand

何の実かな シジュウカラ
何の実かな シジュウカラ posted by (C)Canary

 シジュウカラのオスを対象に羽毛の色鮮やかさと精子の活力との関係を調べる研究が初めて行われ、胸部に派手な模様のあるオスほど精子が強力であると明らかになった。

 自らの子孫を残すため、シジュウカラのオスは色鮮やかな羽毛を使って自身がオスとして優れていることをメスにアピールする。一方メスも同じ目的で、優秀な精子を持つオスを外見から見極めようと必死だ。(以下は引用元で January 22, 2010 ナショナルジオグラフィックニュース
| 小鳥 | COM(0) | TB(0) |
[タグ] かわいい
2010-01-18 (Mon)

| 小鳥 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。