10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
[タグ未指定]
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-28 (Sun)
ミーアキャット 自分の姿を見る

ドイツ、Erfurtの動物園で、年に一度の動物名簿作成作業中に
立ち上がるミーアキャット
この動物園には167種類、943匹の動物がいます
テレグラフ
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
2010-03-12 (Fri)
トキ襲った小動物はテン、施設内まだいる可能性 環境省
http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY201003110176.html

テン
テン posted by (C)アルバトロス

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで、飼育していた国の特別天然記念物のトキ9羽が小動物に襲われて死んだ問題で、環境省は11日、トキを襲ったのはテンと判明したと発表した。足跡の写真を専門家が鑑定して確定した。

 訓練施設「順化ケージ」内の監視カメラの音声からは、9日午後8時17分?同11時17分の間に9回、10日午前5時45分に1回の計10回、トキが通常と違う大きな声で鳴いていたことが確認された。同省は、この10回の時刻の前後にテンが襲った可能性が高いとみている。

 同省は、ケージ内にまだテンがいる可能性があるため、1カ所にわなを仕掛けた。ケージの金網の編み目(側面は2.5センチ四方、天井は4センチ四方)は劣化していなかったが、支柱と金網のつなぎ目など、編み目より大きいすき間が62カ所あることがわかった。ただテンが侵入した痕跡は確認できなかったという。

 テンはイタチ科の一種で体長約40センチ。雑食で本州、四国、九州の山林に生息する。

2010年3月11日 朝日新聞


トキ放鳥計画に暗雲…2年前にもイタチ侵入



(´-`).。oO(九羽もいっぺんにやられるとは、テンが強いのかトキが弱いのか・・・)
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
[タグ] おもしろい
2010-02-28 (Sun)
あなぐまさんのセクシーショット
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
2010-02-25 (Thu)
こんなに間近よ! マジかよ、ミーアキャット!
http://www.dailymail.co.uk/news/worldnews/article-1253189/Group-gets-close-personal-playful-meerkats--wild-clan-known-exist-outside-Kalahari-desert.html

close and personal with playful meerkats

close and personal with playful meerkats5

これらのミーアキャット達は
人間たちが近くにいるのにも気づかず、あるいは気にも留めていないようです

場所は南アフリカ共和国Western CapeのOudtshoornの近く、Klein Karooです
ここにいるミーアキャット達はカラハリ砂漠の外にいる唯一のものとして知られています

このミーアキャットウォッチングが成功したのは「ミーアキャット男」として知られる
Grant M. McIlrathさんの尽力があります
彼はこの地に生きるミーアキャット達を過去四年にわたり研究しており
保護プロジェクトMeerkat Magicも立ち上げています

彼はミーアキャットウォッチングに際して旅行客に対し
決して彼らに干渉しないことを約束させ、
また一方でミーアキャット達にマネキンを見せることで
人の姿に慣れさせたのだそうです
23rd February 2010 デイリーメール


「ミーアキャット男」Grant M. McIlrathさん

close and personal with playful meerkats3



close and personal with playful meerkats2close and personal with playful meerkats4close and personal with playful meerkats6
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
2010-02-24 (Wed)
野生アライグマ、なぜか虫歯・・・支笏湖周辺
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20100223-OYT8T00007.htm

写真素材 PIXTA
(c) カズキ写真素材 PITA


 支笏洞爺国立公園内に生息する「アライグマ」の間で、虫歯のような症状が広まっていることが、国立公園の維持管理をしている自然公園財団支笏湖支部の調査で分かった。野生動物は一般的に虫歯にかかりにくいとされ、原因は不明。専門家も首をかしげている。

 同財団は、アライグマが特定外来生物に指定された2005年以降、箱ワナを使い、支笏湖周辺で駆除活動を始めた。これまで約130頭を捕獲し、約20頭の頭骨を調べた。

 その結果、半数の10頭から奥歯に虫歯のような痕跡が見つかった。臼歯のエナメル質が溶けて虫食い状態になったり、歯が大きく崩れたりしている個体があった。中には上あごと下あごに計6本も虫食い状態の歯のある個体も見つかった。

 動物園などで長期飼育している動物やペットは、歯垢(しこう)細菌が原因で虫歯になることがあるが、野生動物が虫歯になるのはまれ。同財団によると、捕獲したアライグマの大半は人里から離れた場所で生息し、人間の出した残飯を食べている形跡もないという。

 歯学博士で、北里大獣医学部准教授の進藤順治さんは「野生動物に、これほど高い割合で虫歯が発生するのは通常なら考えられない。アライグマを取り巻く環境に、何らかの問題が起きている可能性がある」と話している。
2010年2月23日 読売新聞

アライグマ なぜか虫歯に


>> 続きを読む
| その他哺乳類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。